リモートで開始された会話

リモートで開始された会話 (受信アタッチ) を受信するアプリケーションは、次の 動詞RECEIVE_ALLOCATEします 。 同期ポイントのサポートに対応するために 、RECEIVE_ALLOCATE動詞 は次のようにさまざまな方法で変更されます。

  • sync_levelRECEIVE_ALLOCATE 動詞の戻り値パラメーターは AP_SYNCPT を受け取り、会話が同期ポイントの会話として指定されます。 sync_level パラメーター の値 は、新しい会話に対して GET_ATTRIBUTES動詞を 発行することでも決定できます。

  • プログラム開始パラメーター (PIP) データの受信に対するサポートが、新しいパラメーターによって次の動詞に RECEIVE_ALLOCATE されます。

    pip_incoming パラメーターは、受信 PIP データを受け入れるかどうかを示すためにアプリケーションによって設定され、PIP データを受信できるかどうかを示すために Host Integration Server によって返されます。 アプリケーションが PIP データを受信しない場合、このメンバーは、AP_NO 動詞を発行する前に、既定の RECEIVE_ALLOCATE に 設定する必要 があります。 PIP データを受け入れる場合は、このメンバーを [pip] に設定AP_YES。 RECEIVE_ALLOCATE 動詞が完了すると、PIP データをアプリケーションで受信できる場合は AP_YES に設定され、それ以外の場合は AP_NO に設定されます。

  • PIP データが使用可能な場合、アプリケーションは、アプリケーションの動詞の完了時にデータを受信する動詞のいずれかを発行RECEIVE_ALLOCATEできます。 基本的な会話の場合、これらの受信動詞には、RECEIVE_AND_POST、RECEIVE_AND_WAIT、RECEIVE_IMMEDIATE 基本的な会話では、PIP データの一般的なデータ ストリーム (GDS) ヘッダー (GDS 識別子) を含む PIP データが返0x12F5。 マップされた会話の場合、これらの受信動詞には、MC_RECEIVE_AND_POST、MC_RECEIVE_AND_WAIT、MC_RECEIVE_IMMEDIATE マップされたメッセージHost Integration Server 4 バイトの GDS ヘッダーを削除し、PIP データのみを返します。

  • 基本的な会話の場合、PIP データを受信する前に アプリケーションが SEND_ERRORDEALLOCATE、または TP_ENDED 動詞を発行した場合、PIP データは破棄されます。 マップされた会話の場合、PIP データを受信する前にアプリケーションが MC_SEND_ERRORMC_DEALLOCATE、または TP_ENDED 動詞を発行した場合、PIP データは破棄されます。

  • 受信できない、または受信したくない TP に対して PIP データを受信した場合、会話は AP_ALLOCATION_ERROR のプライマリ リターン コードと AP_PIP_NOT_ALLOWED のセカンダリ リターン コードで拒否されます。