CPNAME を含む VTAM パラメーターのサンプル

Host Integration Server を実行しているコンピューターの識別が制御ポイント名 (CPNAME) に基づく場合に、IBM 9370 ホストへのトークン リング接続に使用される可能性がある、次の例は、IBM 9370 ホストへのトークン リング接続に使用される可能性があります。 この構成では、形式の XID を交換する必要があります。

PU 定義では、IDBLK、IDNUM、MACADDR、SAPADDR は使用されません。 この構成を Host Integration Server、リモート ノード ID、リモート ネットワーク名、リモート コントロール ポイント名はすべて空白のままにする必要があります。 また、ローカル ノード ID は既定値のままにすることができます (使用されていないため)。

このサンプルでは、下線付き値は、Host Integration Server Manager で指定された値に対応しています。

R01100   PORT CUADDR=100,<U>MACADDR=400040004001</U>,LANCON=(5,2),         X  
              MAXDATA=2012,MAXSTN=52,SAPADDR=04  
  
SERVER01 PU   ADDR=C1,<U>CPNAME=SERVER01</U>,ANS=CONTINUE,                 X  
              <U>MAXDATA=0265</U>,MAXOUT=7,MAXPATH=7,                      X  
              PACING=0,VPACING=0,SSCPFM=USSSCS,                     X  
              LANACK=(0,0),LANCON=(5,2),LANINACT=4.8,               X  
              LANRESP=(5,2),LANSDWDW=(7,1),LANSW=YES,               X  
              USSTAB=MSUSSTAB,DLOGMOD=D4C32792,                     X  
              PUTYPE=2,DISCNT=(NO),ISTATUS=ACTIVE  
  
T0110002 LU   <U>LOCADDR=002</U>     
T0110003 LU   <U>LOCADDR=003</U>  
T0110004 LU   <U>LOCADDR=004</U>  
T0110005 LU   <U>LOCADDR=005</U>  
P0110006 LU   <U>LOCADDR=006</U>,DLOGMOD=LU33286S  
T0110007 LU   <U>LOCADDR=007</U>  
T0110008 LU   <U>LOCADDR=008</U>  
  

次の表に、サンプルHOST INTEGRATION SERVER対応するパラメーターと値を示します。

Note

この例では、Host Integration Server 用に構成されたローカル ネットワーク名が、ローカル SSCP の [スタート] コマンドの NETID パラメーターと一致すると想定されています。 (接続されているHOST INTEGRATION SERVERシステム)。

Host Integration Server パラメーター 値の例 のパラメーター
リモート ネットワーク アドレス 400040004001 PORT 定義の MACADDR= パラメーター
ローカル コントロール ポイント名 (サーバーの場合) SERVER01 PU 定義の CPNAME= パラメーター
最大 BTU 長 265 PU 定義の MAXDATA= パラメーター (MAXDATA 以下の最大 BTU 長を設定)
LU 番号 2 から 8 LU 定義の LOCADDR= パラメーター

参照

サンプル VTAM パラメーター