sbpurcvx

sbpurcvx 関数は、ルーティング プロシージャからの Open 応答を処理します。 アプリケーションは、メッセージの受信時に動的アクセス・モジュール (DMOD) によって呼び出されるルーティング・プロシージャーを定義できます。 このルーティング手順では、最初に sbpurcvx を呼び出して、受信した Open 応答メッセージを処理する必要があります。 これにより、リソース ロケーター用の Open 応答が正しく処理されます。

構文

  
USHORT sbpurcvx(   
BUFHDR * *msgptr,   
INTEGER locl,   
INTEGER retstat  
);  

パラメーター

msgptr
DMOD からルーティング プロシージャに返されるメッセージへのポインター。

locl
メッセージの受信元のロケール ( retstat がメッセージが返されたことを示す場合)、またはパスが失われたロケール ( retstat がパス エラーを示している場合)。

retstat
呼び出しの理由:

CEDINMSG (1 - メッセージが返されます。

CEDINLLN (2)— パス エラー。

戻り値

TRUE
リソース ロケーターがメッセージを受け入れた。アプリケーションはそれ以上処理しないでください。

FALSE
メッセージはアプリケーションによって処理される必要があります。

解説

この関数は、DMOD によって呼び出されるルーティング プロシージャによって呼び出されます。 アプリケーションによって直接呼び出されるわけではありません。

sbpurcvx のパラメーターは、routproc のパラメーターから取得する必要があります。 ただし、 sbpurcvx への最初のパラメーターは、バッファー ヘッダーへのポインター (つまり、パラメーター自体ではなく、ルーティング プロシージャの対応するパラメーターへのポインター) へのポインターであることに注意してください。