同期ポイント接続マネージャー

可能な各トランザクション名に対して個別の RECEIVE_ALLOCATE 動詞を発行する代わりに、同期ポイントの実装は、同期ポイントアタッチ マネージャーとして Host Integration Server。 これは、すべての 0x00 で構成RECEIVE_ALLOCATE TP 名を指定する新しい動詞を発行することで行います。

同期ポイント アタッチ マネージャーが登録されている場合、次の変更は、サーバーの接続の受信サポートに影響をHost Integration Server。

  • VCB の syncpoint_rqd フィールドが AP_YES に設定された会話の TP 名に対して Attach メッセージが到着すると、Host Integration Server は、同期ポイント アタッチ マネージャーとして自身を登録する特別な RECEIVE_ALLOCATE 動詞を発行したアプリケーションと一致します。

  • 再同期 TP (0x06F2) に到着した Attach メッセージは、同期ポイントアタッチ マネージャーに自動的にルーティングされます。

  • 同期ポイントRECEIVE_ALLOCATEマネージャーまたは特定の TP 名に対して発行されていない場合、Host Integration Server は構成された期間アタッチをキューに入れられます。 その時間 RECEIVE_ALLOCATE が発行されな場合、Attach は拒否され、戻りコードは TP_NOT_AVAILABLE_RETRY。

  • RECEIVE_ALLOCATEが Attach メッセージと一致する場合、動詞は TP に返され、VCB の tp_name フィールドは Attach メッセージに含まれる TP 名に設定されます。

    この機能を使用するアプリケーションは、次の 2 つの制限に従う必要があります。

  • この方法で開始された会話で発行された動詞はすべて、同じプロセスによって発行される必要があります。これは、Host Integration Serverプロセス間でtp_id渡す必要があります。

  • 同期ポイント アタッチ マネージャーとして登録できるのは、1 つのプロセスのみです。同期ポイントアタッチ マネージャーは、Host Integration Server。 2 番目のプロセスが登録を試 RECEIVE_ALLOCATE動詞は 、プライマリリターン コードが AP_SYNCPOINT_MANAGER_ACTIVE に設定された状態ですぐに返されます。

    同期ポイントアタッチ マネージャー アプリケーションは、サーバー上に存在Host Integration Serverがあります。 クライアント間で分散Host Integration Server場合があります。 この制限は、同期ポイント サービス (SPS) と Conversation-Protected Resource Manager (C-PRM) の 1 つのインスタンスだけが Host Integration Server 上の各 LU に存在することを保証するために適用されます (同期ポイントアタッチ マネージャーが Host Integration Server ドメイン内の複数のサーバーから表示されている場合はそうではない可能性があります)。

    動詞制御ブロックの RECEIVE_ALLOCATE 、この関数をサポートするために変更する必要はありません。