Windows CSV に関する考慮事項]

次の Microsoft® Windows® 拡張機能は特に重要であり、Windows CSV を使用する前に確認する必要があります。

WinAsyncCSV
TRANSFER_MS_DATA専用の非同期エントリ ポイントを提供します。 他の動詞に使用する場合、動作は同期になります。 Microsoft® Windows® バージョン 3 でアプリケーションを実行する場合は、動詞のブロック バージョンの代わりにこの拡張機能を使用します。x

非同期操作が完了すると、アプリケーションのウィンドウ hWnd は、 RegisterWindowMessage によって返されるメッセージを入力文字列として "WinAsyncCSV" と受け取ります。 wParam 引数には、元の関数呼び出しによって返される非同期タスク ハンドルが含まれています。 lParam 引数には元の動詞制御ブロック (VCB) ポインターが含まれており、逆参照して最終的な戻りコードを決定できます。

関数が正常に返された場合、操作が完了するか、会話が取り消されたときに、"WinAsyncCSV" メッセージがアプリケーションに送信されます。

WinCSVCleanup
Windows CSV 実装からアプリケーションを終了および登録解除します。

重要

アプリケーションでこの関数を呼び出して、Windows CSV の実装から登録を解除する必要があります。

WinCSVStartup
アプリケーションで必要な Windows CSV のバージョンを指定し、特定の CSV 実装の詳細を取得できるようにします。

重要

アプリケーションは、それ以降の Windows CSV 呼び出しを発行する前に、この関数を呼び出して Windows CSV 実装に登録する必要があります。