DB2 用マネージド プロバイダー GetSchema スキーマの使用

DB2 のマネージドプロバイダーのクラスは Connection 、現在接続されているデータベースに関するスキーマ情報を取得するために使用されるメソッドを実装 GetSchema し、メソッドから GetSchema 返されるスキーマ情報はオブジェクトの DataTable 形式になっています。 GetSchemaメソッドは、返されるスキーマコレクションを指定し、返される情報の量を制限するためのオプションのパラメーターを提供する、オーバーロードされたメソッドです。

DB2 スキーマコレクションの指定

メソッドの GetSchema 最初の省略可能なパラメーターは、文字列として指定されたコレクション名です。 スキーマコレクションには、すべてのプロバイダーに共通する共通スキーマコレクションと、各プロバイダーに固有の特定のスキーマコレクションの2種類があります。

サポートされているスキーマコレクションの一覧を確認するには

  1. を呼び出し GetSchema て、サポートされているスキーマコレクションの一覧を確認します。

    引数を指定しないで、またはスキーマコレクション名 "MetaDataCollections" を指定してを呼び出す GetSchema ことができます。 これにより、サポートされるスキーマ コレクションの一覧、それぞれがサポートする制限数、および使用する識別子部分の数と共に、DataTable オブジェクトが返されます。

DB2 スキーマコレクションの制限値の指定

メソッドの GetSchema 2 番目の省略可能なパラメーターは、返されるスキーマ情報の量を制限するために使用される制限であり、文字列の配列としてメソッドに GetSchema 渡されます。 配列での位置により、渡すことができる値が決定します。これは、制限の番号に相当します。

Note

配列内の要素数は、指定されたスキーマコレクションでサポートされている制限の数以下でなければなりません。または、 ArgumentException がスローされます。 制限は最大数よりも小さい場合があります。 指定されていない制限は、null (無制限) と見なされます。

サポートされている制限の一覧を確認するには

  1. 制限スキーマコレクションの名前 ("制限") を指定してメソッドを GetSchema 呼び出します。

    これにより、コレクション名、制限名、既定の制限値、および制限番号の一覧を含むオブジェクトが DataTable 返されます。

参照

DB2 用マネージド プロバイダーからスキーマ情報を取得する