Data Provider バージョン 6.0 のインストール

このトピックでは、Data Provider バージョン 6.0 のインストール手順について説明します。

サポートされるオペレーティング システム

データ プロバイダー (32 ビット x86 または 64 ビット x64) は、以下の Microsoft オペレーティング システム上にインストールできます。

  • Windows Server 2019

  • Windows Server 2016

  • Windows Server 2012 R2

  • Windows Server 2012

  • Windows 10

  • Windows 8.1

  • Windows 8

  • Hyper V を使用した仮想化

  • Windows Azure を使用した仮想化

サポートされている OLE DB データ コンシューマー

データ プロバイダー (32 ビット x86 または 64 ビット x64) は、次の Microsoft OLE DB データ コンシューマーでサポートされています。

  • SQL Server 2019

  • SQL Server 2017

  • SQL Server 2016

  • SQL Server 2014

  • SQL Server Data Tools for SQL Server 2019

  • SQL Server Data Tools for SQL Server 2017

  • SQL Server Data Tools for SQL Server 2016

  • SQL Server Data Tools for SQL Server 2014

サポートされている DB2 サーバー

Data Provider は、TCP/IP ネットワーク経由で接続するときに、付属の Microsoft DRDA (分散型リレーショナル データベース アーキテクチャ) クライアントを使用して、これらの IBM リレーショナル データベース管理システムをサポートします。

  • IBM DB2 for z/OS 12.1

  • IBM DB2 for z/OS 11.1

  • IBM DB2 for z/OS 10.1

  • IBM DB2 for i 7.3

  • IBM DB2 for i 7.2

  • IBM DB2 for i 7.1

  • IBM DB2 for LUW 11.5

  • IBM DB2 for LUW 11

  • IBM DB2 for LUW 10.5

前提条件となるソフトウェア

データ プロバイダーのインストールの前提条件として次のソフトウェア製品が必要です。

以前のバージョンからのアップグレード

Microsoft OLE DB Provider for DB2 V 6.0 は以前のリリースをアップグレードしません。 次に挙げる以前のバージョンをインストールしている場合は、Microsoft OLE DB Provider for DB2 V 6.0 をインストールする前に、それらを削除する必要があります。

  • Microsoft OLE DB Provider for DB2 Version 1.0

  • Microsoft OLE DB Provider for DB2 Version 1.0 SP1

  • Microsoft OLE DB Provider for DB2 Version 2.0

  • Microsoft OLE DB Provider for DB2 Version 3.0

  • Microsoft OLE DB Provider for DB2 V4.0

  • Microsoft OLE DB Provider for DB2 V5.0

アップグレードする前に、Microsoft OLE DB Provider for DB2 の以前のリリースで提供されていた Microsoft SQL Server と IBM DB2 のサポートを考慮することをお勧めします。

以前のバージョンのプラットフォームのサポートマトリックス

Version DB2OLEDB 6.0 DB2OLEDB 5.0 DB2OLEDB 4.0
SQL Server 2019 はい いいえ いいえ
SQL Server 2017 はい いいえ いいえ
SQL Server 2016 はい はい いいえ
SQL Server 2014 いいえ はい いいえ
SQL Server 2012 いいえ いいえ はい
SQL Server 2018 R2 いいえ いいえ はい
DB2 for z/OS 12 はい いいえ いいえ
DB2 for z/OS 11 はい いいえ いいえ
DB2 for z/OS 10 はい はい いいえ
DB2 for z/OS 9 いいえ はい はい
DB2 for z/OS 8 いいえ はい はい
DB2 for i 7.3 はい いいえ いいえ
DB2 for i 7.2 はい いいえ いいえ
DB2 for i 7.1 はい はい はい
DB2 for i 6.1 いいえ はい はい
DB2 for i 5.4 いいえ はい はい
DB2 for LUW 11.5 はい いいえ いいえ
DB2 for LUW 11 はい いいえ いいえ
DB2 for LUW V10.5 はい はい いいえ
DB2 for LUW 10 はい はい いいえ
DB2 for LUW 9.7 いいえ はい はい
DB2 for LUW 9.5 いいえ いいえ はい
DB2 for LUW 9.1 いいえ いいえ はい

製品をインストールする

データ プロバイダーのインストールには、対話型インストールと無人インストールの 2 つのオプションがあります。 次に対話型インストールの手順を示します。

  1. Microsoft ダウンロード センターに移動して、 SQL Server 2017 用の Feature Pack を見つけます。

  2. x86 (32 ビット) DB2OLEDB6_x86.msi または x64 (64 ビット) 版の DB2OLEDB6_x64.msi インストール プログラムをダウンロードします。

  3. .msi ファイルをダブルクリックして、セットアップ プログラムを起動します。

  4. [使用許諾契約書] ページで、契約条項を確認し、 [使用許諾契約書に同意します] オプションをクリックして、 [インストール] をクリックします。

    注: 必要に応じて、 [使用許諾契約書] ページで [詳細設定] をクリックし、 [インストール先フォルダー] ページで [変更] をクリックします。次に、 [製品の機能] ページで [次へ] をクリックし、 [インストール] をクリックします。

  5. [登録情報] ページで、 [名前][会社名] を入力し、 [次へ] をクリックします。

  6. Windows の [ユーザー アカウント制御] のメッセージが表示されたら、 [はい] をクリックします。

  7. [進行状況] ページに、インストール プロセスの状況が表示されます。

  8. [完了] ページで [完了] をクリックします。

製品を無人インストールする

DRDA のサービスのインストールには、対話型インストールと無人インストールの 2 つのオプションがあります。 次に無人インストールの手順を示します。

  1. 管理者特権を持つコマンド プロンプトから、インストール プログラムをダウンロードしたインストール フォルダーに移動し、プロセッサのアーキテクチャに応じて、DB2OLEDB6_x86.msi /quiet または DB2OLEDB6_x64.msi /quiet と入力します。

  2. インストールを確認するには、インストールされた製品を C:\Program files (x86) \Microsoft OLE DB Provider for DB2 または C:\Program Files\OLE DB Provider for DB2 で探します。

    注:必要に応じて、ログを生成するために、 /l < ログファイル名 >をコマンド文字列に追加します。 インストールを確認するには、メモ帳 < のログファイル名 >を入力し、 enter キーを押します。

修復

Windows の [プログラムと機能] を使用して、[プログラムのメンテナンス] を起動し、インストールを修復することができます。

  1. [コントロール パネル] をクリックし、 [プログラム] をクリックして、 [プログラムと機能] をクリックします。 [プログラムのアンインストールまたは変更] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. [名前] の一覧で、 [Microsoft OLE DB Provider for DB2 バージョン 6.0] を右クリックし、 [修復] をクリックします。

  3. Windows の [ユーザー アカウント制御] のメッセージが表示されたら、 [はい] をクリックします。

  4. [進行状況] ページに、修復 プロセスの状況が表示されます。

アンインストール

Windows の [プログラムと機能] を使用して、製品を削除することができます。

  1. [コントロール パネル] をクリックし、 [プログラム] をクリックして、 [プログラムと機能] をクリックします。 [プログラムのアンインストールまたは変更] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. [名前] の一覧で、 [Microsoft OLE DB Provider for DB2 バージョン 6.0] を右クリックし、 [アンインストール] をクリックします。

  3. Windows の [プログラムと機能] によって確認メッセージが表示されたら、 [はい] をクリックします。

  4. Windows の [ユーザー アカウント制御] のメッセージが表示されたら、 [はい] をクリックします。

  5. [進行状況] ページに、修復 プロセスの状況が表示されます。

製品を無人アンインストールする

無人コマンドを使用して製品をアンインストールすることができます。

  1. 管理者特権を持つコマンド プロンプトから、インストール プログラムをダウンロードしたインストール フォルダーに移動し、プロセッサのアーキテクチャに応じて、DB2OLEDB6_x86.msi /uninstall /quiet または DB2OLEDB6_x64.msi /uninstall /quiet と入力します。

  2. 削除を確認するには、インストール フォルダー C:\Program Files (x86) \Microsoft OLE DB Provider for DB2 または C:\Program Files\Microsoft OLE DB Provider for DB2 を確認します。

    注:必要に応じて、ログを生成するために、 /l < ログファイル名 >をコマンド文字列に追加します。 インストールを確認するには、メモ帳 < のログファイル名 >を入力し、 enter キーを押します。