ホスト側開始 SSO の有効化と無効化

既定では、ホスト側開始シングル Sign-On (SSO) は単一の Sign-On システムでは有効になっておらず、SSO 管理者が有効にする必要があります。

MMC スナップインを使用してホスト側開始 SSO を有効にするには

  1. [スタート] をクリックし、[プログラム]、[ Microsoft Enterprise Single Sign-On] の順にポイントし、[ SSO 管理] をクリックします。

  2. ENTSSO MMC スナップインの [スコープ] ウィンドウで、[ Enterprise Single Sign-On ] ノードを展開します。

  3. [ システム] を右クリックし、[ プロパティ] をクリックします。

  4. [Options] タブをクリックします。

  5. [ ホスト側開始 SSO を有効にする ] チェックボックスをオンにし、[ OK] をクリックします。

コマンド ラインを使用してホスト側開始 SSO を有効にするには

  1. [スタート] ボタン、[ファイル名を指定して実行] の順にクリックし、「cmd」と入力して、[OK] をクリックします。

  2. コマンドプロンプトで、Enterprise 単一 Sign-On のインストールディレクトリにアクセスします。

    既定値は < drive > : Files\Common files \ Enterprise Single Sign-On です。

  3. ssomanage -enable hisso.

MMC スナップインを使用してホスト側開始 SSO を無効にするには

  1. [スタート] をクリックし、[プログラム]、[ Microsoft Enterprise Single Sign-On] の順にポイントし、[ SSO 管理] をクリックします。

  2. ENTSSO MMC スナップインの [スコープ] ウィンドウで、[ Enterprise Single Sign-On ] ノードを展開します。

  3. [ システム] を右クリックし、[ プロパティ] をクリックします。

  4. [Options] タブをクリックします。

  5. [ ホスト側開始 SSO を有効にする ] チェックボックスをオフにし、[ OK] をクリックします。

コマンド ラインを使用してホスト側開始 SSO を無効にするには

  1. [スタート] ボタン、[ファイル名を指定して実行] の順にクリックし、「cmd」と入力して、[OK] をクリックします。

  2. コマンドプロンプトで、Enterprise 単一 Sign-On のインストールディレクトリにアクセスします。

    既定値は < drive > : Files\Common files \ Enterprise Single Sign-On です。

  3. 必要に応じて「」と入力 ssomanage -disable hisso します。

参照

ホスト側開始シングルサインオン