ユーザーマッピングを無効にする方法

指定したマッピングに関連付けられたすべての操作を無効にするときに、ユーザー マッピングを無効にすることができます。 ユーザー マッピングは、削除する前に無効にする必要があります。

ユーザーマッピングを無効にすると、ユーザーマッピングを一覧表示するときに、(D) < ドメイン > \ < ユーザー名 >として表示されます。

管理ユーティリティを使用してユーザー マッピングを無効にするには

  1. [ スタート] ボタンをクリックし、[ 実行] をクリックして「」と入力 cmd し、 enterキーを押します。

  2. コマンドプロンプトで、Enterprise 単一 Sign-On のインストールディレクトリにアクセスします。

    既定のインストールディレクトリは< drive >: Files\Common files \ Enterprise Single Sign-On です。

  3. 「」と入力 ssomanage –disablemapping <domain>\<username><application name> します。ここ< で、domain >はユーザーアカウント< の Windows ドメイン、username >は資格情報< を無効にする Windows のユーザー名、アプリケーション名 >はユーザーマッピングを削除する関連アプリケーションの名前です。

クライアント ユーティリティを使用してユーザー マッピングを無効にするには

  1. [ スタート] ボタンをクリックし、[ 実行] をクリックして「」と入力 cmd し、 enterキーを押します。

  2. コマンドプロンプトで、Enterprise 単一 Sign-On のインストールディレクトリにアクセスします。

    既定のインストールディレクトリは< drive >: Files\Common files \ Enterprise Single Sign-On です。

  3. 「」と入力 ssoclient –disablemapping <application name> します。ここ< で、アプリケーション名 >は、ユーザーマッピングを削除する関連アプリケーションの名前です。

参照

SSO マッピング
関連アプリケーションの管理
ユーザー マッピングの管理