直接パスワード同期を使用する方法

このバージョンのエンタープライズ シングル サインオンには、Windows から実行できる直接パスワード同期機能が実装されています。 これにより、パスワード同期アダプターをバイパスし、Windows から直接 ENTSSO Credential データベースのパスワードを更新することができます。

Windows からの直接パスワード同期は、次のような場合に役立ちます。

  • エンタープライズ システムで Windows から Windows へのマッピングが必要な場合。

  • Windows ユーザーのパスワードが変更されたときに、資格情報データベースの外部ユーザーのパスワードを直接更新する必要があります。 パスワードの変更は、他のメカニズムを使用することにより、(外部ユーザーに対応する) バックエンド システム上で行うことができます。 たとえば、RACF 管理エージェントを使用した IBM メインフレーム上の Resource Access Control Facility (RACF) にあるパスワードを、Microsoft Identity Integration Server を使用して更新することが可能です。

直接パスワード同期を有効にするには

  1. エンタープライズ シングル サインオンを開きます。

  2. [スコープ] ウィンドウで、[ 関連アプリケーション] をクリックします。

  3. 適切な 関連アプリケーションを右クリックします。

  4. [プロパティ] をクリックします。

    [ 関連アプリケーションのプロパティ ] ダイアログボックスが表示されます。

  5. [Options] タブをクリックします。

  6. [ Windows から直接パスワード同期] チェックボックスをオンにします。

  7. [OK] をクリックします。