ISSOConfigStore::GetConfigInfo

このメソッドは GetConfigInfo 、構成ストアから構成情報を取得します。

構文

  
HRESULT GetConfigInfo(  
BSTR bstrApplication,  
BSTR bstrIdentifier,  
LONG lFlags,  
IPropertyBag* ppbConfigInfo  
);  
  
GetConfigInfo(  
bstrApplication As BSTR,  
bstrIdentifier As BSTR,  
lFlags As LONG,  
ppbConfigInfo As IPropertyBag  
)  

パラメーター

bstrApplication
[in]単一Sign-On (SSO) サーバーを含む文字列。 このプロパティは省略可能です。

bstrApplication
[in]SSO サーバーを含む文字列。 このプロパティは省略可能です。

bstrIdentifier
[in]構成情報の識別子を含む文字列。 通常は GUID 文字列を指定します。

bstrIdentifier
[in]構成情報の識別子を含む文字列。 通常は GUID 文字列を指定します。

lFlags
[in]フラグを含む長整数。

lFlags
[in]フラグを含む長整数。

ppbConfigInfo
[in]名前と値のペアとして構成情報が設定されている空のプロパティ バッグへのポインター。

ppbConfigInfo
[in]名前と値のペアとして構成情報が設定されている空のプロパティ バッグへのポインター。

戻り値

このメソッドは値を返しません。

このメソッドは HRESULT を返します。 有効な値を次の表に示しますが、これ以外にもあります。

リターン コード 説明
S_OK 構成ストアから構成情報が正常に返されました。
E_ACCESSDENIED アクセスが拒否されました。
E_INVALIDARG 引数が無効です。

解説

このメソッドは、管理モードまたはランタイム (ルックアップ) モードのいずれかで実行できます。 ランタイム (ルックアップ) モードが必要な場合、呼び出し元は SSO_FLAG_LOOKUP を指定します。 管理モードが既定です。

管理モードでは、マスク プロパティは返されません。 このプロパティは使用されず、 マスクされていないプロパティが返されます。 管理モードでは、ローカル コンピューターだけでなく、任意の SSO サーバーも指定できます。

ランタイム モードでは、マスク プロパティを含むすべてのプロパティが返されます。 ランタイム モードでは現在のコンピューター上の SSO サーバーのみが使用されるため、 bstrSSOServer パラメーターは無視されます。

bstrSSOServer パラメーターが NULL の場合は、レジストリから SSO サーバーの場所が取得されます。 (これは管理モードにのみ適用されます。ランタイム モードでは、常にローカル コンピューターが使用されます)。サーバーの場所がレジストリで使用できない場合は、ローカル コンピューターが使用されます。

構成情報を取得するために、このメソッドには、プロパティが挿入される空のプロパティ バッグがあります。 これにより、プロパティ バッグのBizTalk Server実装を使用できます。BSTR から実際のバリアント型への型変換は、BizTalk Server固有の形式規則に基づいて処理できます。 プロパティ値は Host Integration Server 用 XML タグになります。

コード例

  
ConfigStore  
bstrApplication  
bstrIdentifier  
lFlags  
ppbConfigInfo  
  

参照

ISSOConfigStore インターフェイス (COM)
Enterprise Single Sign-On によるプログラミング