次の方法で共有


アプリケーション要求ルーティング処理バージョン 2 をインストールする

作成者: IIS チーム

このトピックでは、IIS 7 以降の Microsoft アプリケーション要求ルーティング処理 (ARR) バージョン 2 をインストールする手順について説明します。

目的

IIS 7 以降とその依存モジュール用の Microsoft アプリケーション要求ルーティング処理バージョン 2 を正常にインストールします。

ARR バージョン 2 インストーラー パッケージには、次のコンポーネントが含まれています:

  • IIS 7 以降の Microsoft アプリケーション要求ルーティング処理バージョン 2。
  • IIS 7 RC2 以降の Microsoft URL Rewrite Module バージョン 2。
  • IIS 7 以降の Microsoft Web ファーム管理バージョン 1。
  • IIS 7 以降の Microsoft 外部キャッシュ バージョン 1。

このドキュメントで説明する手順では、4 つのコンポーネントがすべてインストールされます。

前提条件

このチュートリアルでは、次の前提条件が必要です:

  • アプリケーション要求ルーティング処理がインストールされる Windows 2008 (任意の SKU) 以降の IIS 7.0 以降。

重要

ARR バージョン 2 RTW では、ARR バージョン 1 RTW と ARR バージョン 2 RC からのアップグレードがサポートされています。 他のバージョンの ARR が既にインストールされている場合は、先に進む前に ARR と URL Rewrite の両方をアンインストールしてください。

Note

対応する構成が失われることに注意してください。

手順 1 - Microsoft アプリケーション要求ルーティング処理バージョン 2 をダウンロードします。

次の場所から Microsoft アプリケーション要求ルーティング処理のリリースをダウンロードします:

  • IIS 7 (x86) 用 Microsoft アプリケーション要求ルーティング処理バージョン 2 (https://download.microsoft.com/download/4/D/F/4DFDA851-515F-474E-BA7A-5802B3C95101/ARRv2_setup_x86.EXE)。
  • IIS 7 (x64) 用 Microsoft アプリケーション要求ルーティング処理バージョン 2 (https://download.microsoft.com/download/3/4/1/3415F3F9-5698-44FE-A072-D4AF09728390/ARRv2_setup_x64.EXE)。

手順 2 - Microsoft アプリケーション要求ルーティング処理バージョン 2 をインストールします。

アプリケーション要求ルーティング処理をインストールするには:

  1. 管理者ユーザー権限を使って、コマンド プロンプトを開きます。

  2. 次のように入力して、WAS プロセスと WMSVC プロセスを停止します:

    net stop was /y
    
    net stop wmsvc /y
    

    ARR は修正プログラム (KB 954438 (https://support.microsoft.com/kb/954438)) をインストールするため、この手順が必要です。

  3. ARRv2_setup_<architecture>.exe; を実行します。次に例を示します:

    ARRv2_ setup_x86.exe
    
    ARRv2_setup_ x64.exe
    
  4. 使用許諾契約 (EULA) に同意します。

  5. 4 つのコンポーネントのインストーラーが次々に起動されます。

  6. インストールを完了します。

  7. インストールの状態を確認するには、%TEMP%\arr_setup.log ファイルを参照してください。 すべてのパッケージが正常にインストールされると、次の内容が表示されます:

    • IIS7 の Microsoft アプリケーション要求ルーティング処理のセットアップを完了しました。

    • インストールの結果 - 詳細については、それぞれの msi ログ ファイル (msiname.log) を参照してください。

      • rewrite.msi 成功
      • webfarm.msi 成功
      • requestrouter.msi 成功
      • externaldiskcache.msi 成功
  8. (省略可能) トラブルシューティングの目的で、ダウンロードした実行可能ファイルをパッケージ化解除できます。 /T:<full パス> と /C オプションを使用して実行可能ファイルを起動します。 このコマンドは、一度に 1 つずつ手動で起動できる 4 つの MSI のみをパッケージ化解除します。 MSI を手動でインストールする場合は、次の順序でインストールする必要があります:

    • rewrite.msi
    • webfarm.msi
    • requestrouter.msi
    • externaldiskcache.msi

    詳細については、/? を使用して実行可能ファイルを起動します。 オプションを使用する必要があります。

  9. 次のように入力して、WAS プロセスと WMSVC プロセスを開始します:

    net start was
    
    net start wmsvc
    
    net start w3svc
    

手順 3 – アプリケーション要求ルーティング処理のアプリケーション プール プロセス モデルを変更します。

この手順は省略することもできますが、実行することをお勧めします。

コンテンツ サイトのすべての HTTP 要求と応答は、アプリケーション要求ルーティング処理を経由します。 この場合、一部のサイトのワーカー プロセスが実行されているかどうかに関係なく、アプリケーション要求ルーティング処理の既定の Web サイトのワーカー プロセスを常に実行する必要があります。

この手順では、既定の Web サイトのアプリケーション プール プロセス モデルでアイドル タイムアウトを無効にします。

UI を使用してアプリケーション プール プロセス モデルを変更するには:

  1. IIS マネージャーを起動します。

  2. [アプリケーション プール] を選択します。

    Screenshot shows the I I S Manager navigation view with Application Pools selected.

  3. 既定では、 DefaultAppPool既定の Web サイトの対応するアプリケーション プールです。 DefaultAppPool を選択します。 [アクション] パネルの [アプリケーション プールの編集][詳細設定...]Screenshot shows the Advanced Settings dialog box with Idle Time-out selected with a value of zero. を選択します。

  4. アイドル タイムアウト (分) の値を 0 に変更して、設定を無効にします。 [OK] をクリックして変更を保存します。

コマンド ラインを使用してアプリケーション プール プロセス モデルを変更するには:

  1. 管理者ユーザー権限を使って、コマンド プロンプトを開きます。

  2. %windir%\system32\inetsrv に移動します。

  3. appcmd を使用して、次のように入力します

    appcmd.exe set apppool "DefaultAppPool" -processModel.idleTimeout:"00:00:00" /commit:apphost
    

手順 4 – アプリケーション要求ルーティング処理のアプリケーション プールのリサイクル設定を変更します。

この手順は省略することもできますが、実行することをお勧めします。

同様に、アプリケーション プールのリサイクル設定を無効にして、アプリケーション プールが ARR に対して予期せずリサイクルされないようにします。

UI を使用してアプリケーション プールのリサイクル設定を変更するには:

  1. IIS マネージャーを起動します。

  2. [アプリケーション プール] を選択します。

    Screenshot shows the navigation view with Application Pools selected.

  3. 既定では、 DefaultAppPool既定の Web サイトの対応するアプリケーション プールです。 DefaultAppPool を選択します。 [アクション] パネルの [アプリケーション プールの編集][リサイクル...]Screenshot shows the Edit Application Pool Recycling Settings dialog box. を選択します

  4. [標準の時間間隔 (分)] チェック ボックスをオフにします。

コマンド ラインを使用してアプリケーション プールのリサイクル設定を変更するには:

  1. 管理者ユーザー権限を使って、コマンド プロンプトを開きます。

  2. %windir%\system32\inetsrv に移動します。

  3. appcmd を使用して、次のように入力します

    appcmd.exe set config -section:system.applicationHost/applicationPools /[name='DefaultAppPool'].recycling.periodicRestart.time:"00:00:00" /commit:apphost
    

修復

アプリケーション要求ルーティング処理の修復には、ダウンロードしたパッケージをもう一度実行する必要があります。 「手順 2 - Microsoft アプリケーション要求ルーティング処理バージョン 2 をインストールする」で説明されている手順に従います。

削除

アプリケーション要求ルーティング処理を完全に削除するには、パッケージ化された 4 つのコンポーネントを個別に削除する必要があります。

  1. [コントロール パネル] を開きます。

  2. [プログラムと機能] をクリックします。

  3. 次の 4 つのコンポーネントを見つけて、1 つずつアンインストールします:

    • IIS 7 の Microsoft アプリケーション要求処理ルーティング バージョン 2
    • IIS 7 の Microsoft 外部キャッシュ バージョン 1
    • IIS 7 RC2 の Microsoft URL Rewrite Module バージョン 2
    • IIS 7 の Microsoft Web ファーム フレームワーク バージョン 1

まとめ

これで、アプリケーション要求ルーティングと依存モジュールが正常にインストールされ、機能を構成して使用する準備が整いました。 簡単な概要と詳細については、「%PROGRAMFILES%\IIS\Application Request Routing\ARR\_ReadMe.htm」を参照してください。