環境クレジット サービス (プレビュー) の概要

重要

この機能の一部またはすべては、プレビュー リリースの一部として利用できます。 コンテンツおよび機能は変更される場合があります。 30 日間の試用版で、環境クレジット サービス (プレビュー) サンドボックス環境にアクセスできます。 運用環境で、環境クレジット サービス (プレビュー) を使用するには、環境クレジット サービス (プレビュー) サインアップ フォームを完了してください。

Microsoft Cloud for Sustainability の環境クレジット サービス (プレビュー) は、効率性、信頼性、透明性を任意の環境市場にもたらします。 サプライヤー、発行レジストリ、検証および認証機関、マーケットプレース、後見人 (金融仲介機関)、バイヤーなどの参加者間で、任意の環境市場エコシステムに関与するプロジェクト、主張、カーボン クレジットなど、すべてのアセットのライフサイクルをトークン化して管理します。 環境クレジット サービス (プレビュー) は、任意の環境市場エコシステムの幅広い参加者を結び付けます。

このセクションの記事は、次のタスクに役立ちます:

記事 Task
サポートされるマーケット ロール 環境クレジット サービス (プレビュー) を使用して、任意の環境市場エコシステムのさまざまなロールでサポートされているアクションを実行する方法について説明します。 すべてのロールをシミュレートしてエンドツーエンドのフローを実行することも、他の参加者と協力して特定のロールのみを実行することもできます。
プロジェクトを登録する モジュール型ベネフィット プロジェクトを発行レジストリに登録します。
主張を処理する 主張を作成、提出、検証します。
クレジットを発行する 検証済みの主張に対してクレジットを発行します。
クレジットを表示する クレジットを検索して表示します。
クレジットをリストする マーケットプレイスにクレジットをリストして、取引を行います。
クレジットを管理する クレジットをリストから削除、譲渡、または分割します。
クレジットを廃止する 排出量をオフセットし、クレジットを廃止します。
ファイルを管理する プロジェクト、クレーム、クレジットなどのアセットのファイルを添付、表示、および削除します。
用語集 任意の環境市場に関する InterWork Alliance (IWA) の基準や用語についての知識を習得します。

環境クレジット サービス (プレビュー) を構成して API を使用する方法については、次の記事を参照してください:

オンボード

環境クレジット サービス (プレビュー) は、限定的なパブリック プレビューであり、選択された一連の任意の環境市場参加者によって検証されています。 環境クレジット サービス (プレビュー) の詳細については、ご自身の詳細と組織の詳細を環境クレジット サービス チームにメール (ecs-pg@microsoft.com) でお送りいただくか、環境クレジット サービス (プレビュー) サインアップ フォーム にご記入いただき、プレビューへの参加に関心があることをお知らせください。

オンボーディングの前提条件として、Azure Active Directory テナントが設定されている必要があり、オンボーディング プロセス中にテナントを共有する必要があります。 オンボーディングが完了すると、確認メールと、参照用のオファリングと関連リンクに関する詳細が送信されます。

Note

環境クレジット サービス (プレビュー) のオムニバス機能を使用して他の組織に代わり行動する場合は、オンボーディングの詳細を共有する際に、環境クレジット サービス チームまでお知らせてください。 他の組織に代わりに行動する場合の詳細については、環境クレジット サービス (プレビュー) でオムニバスとして行動する を参照してください。

Azure AD テナントの取得の詳細については、環境クレジット サービス (プレビュー) の前提条件 を参照してください。

サポート フォーラム

プレビュー中の問題点や不明な点については、ecs-pg@microsoft.com までメールでお問い合わせください。

概要

地球温暖化を 1.5 °Cに抑えるために、気候変動に関する政府間パネル (IPCC) は、2030 年までに世界の年間温室効果ガス (GHG) 排出量を 50% 削減し、2050 年までにネット ゼロにすることを推奨しています。

組織は、独自のネット ゼロ目標を達成するために、ますますコミットするようになっています。 これらの目標を達成するために、排出量を削減し、排出量を削減できない場合には任意の環境市場からカーボン クレジットを購入することで排出量を相殺しています。

現在、市場にはある種の課題があります。 Interwork Alliance (IWA) は、こうした課題に対処するための一連の標準とフレームワークを考案しています。 任意の環境市場、エコシステム参加者が直面する課題、任意の環境市場の IWA 基準の概要については、InterWork Alliance の概要 をご覧ください。

Environmental Credit Service (プレビュー) は、任意の環境市場エコシステムの参加者が、IWA 標準に準拠したトークンまたはデジタル アセットとして、プロジェクト、クレーム、クレジットのライフサイクル全体を管理するのに役立ちます。 環境クレジット サービス (プレビュー) では、プロジェクト、クレーム、クレジットなどのアセットがトークンとして実装されます。 トークンの属性と動作については、Token Taxonomy Framework (TTF) - May 2020 に従います。 現在、市場では、一部のクレジットは、TTF フレームワークに準拠していません。 環境クレジット サービス (プレビュー) は、顧客が TTF に移行することを提案していますが、これらのクレジットもサポートしています。

任意のカーボン エコシステムと用語の詳細については、Voluntary Ecological Markets Overview をご覧ください。

顧客データの場所

プレビューでは通常、データを米国内に保存しますが、米国以外の地域に保存される場合もあります。

参照

環境クレジット サービス (プレビュー) の構成
環境クレジット サービス (プレビュー) の用語集
環境クレジット サービス (プレビュー) API リファレンスの概要