IfElseTemplateBodyContext class

Extends

ParserRuleContext

コンストラクター

IfElseTemplateBodyContext(ParserRuleContext | undefined, number)

プロパティ

ruleIndex

継承されたプロパティ

altNumber

このコンテキスト ノードの外部の代替番号を設定します。 既定の実装では、不要なツリーに対するバッキング フィールドのオーバーヘッドを回避するために何も行われません。 バッキング フィールドを使用して ParserRuleContext のサブクラスを作成し、オプション contextSuperClass を設定します。 @since 4.5.3

childCount
children

訪問者の解析ツリーをデバッグまたは構築する場合は、このルールのコンテキストに関連付けられているすべてのトークンとルール呼び出しを追跡する必要があります。 これは、ツリー constr を使用して解析する場合は空です。 このルールの解析方法に関する詳細を追跡する必要がないため、操作。

exception

このルールを強制的に返す例外。 ルールが正常に完了した場合、これは です undefined

invokingState
isEmpty

呼び出し中の状態がない場合、コンテキストは空です。つまり、現在のコンテキストと呼ばれる人はいません。

parent
payload
ruleContext
sourceInterval
start

このコンテキストで最初のトークンを取得します。 開始から停止までの範囲は包括的であるため、何も消費しないルール (長さ 0 やエラーの実稼働など) の場合、このトークンは stop を超える可能性があることに注意してください。

stop

このコンテキストで最終的なトークンを取得します。 開始から停止までの範囲は包括的であるため、何も消費しないルール (長さ 0 やエラーの生成など) の場合、このトークンは開始前になる可能性があることに注意してください。

text

すべての子ノードの結合テキストを返します。 このメソッドは、解析ツリーに追加されたトークンのみを考慮します。 非表示チャネル (空白やコメントなど) のトークンは解析ツリーに追加されないため、このメソッドの出力には表示されません。

メソッド

accept<Result>(LGTemplateParserVisitor<Result>)
enterRule(LGTemplateParserListener)
exitRule(LGTemplateParserListener)
ifConditionRule()
ifConditionRule(number)

継承されたメソッド

addAnyChild<T>(T)

これに解析ツリー ノードを子として追加します。 内部ノードとリーフ ノードに対して機能します。 親リンクを設定しません。他の add メソッドではこれを行う必要があります。 他の addChild メソッドは、これを呼び出します。 既存のインターフェイスに setParent() メソッドがないため、受信ノードの親ポインターを設定できません。このため、下位互換性を損ないたくはありません。

@since 4.7

addChild(RuleContext)
addChild(TerminalNode)

トークン リーフ ノードの子を追加し、その親を強制的にこのノードにします。

addChild(Token)

matchedToken に基づいて、このノードに子を追加します。 [Token)](xref:Parser%23createTerminalNode(ParserRuleContext%2C) を使用するのではなく、TerminalNodeImpl を作成します。 互換性のためにこれを残していますが、パーサーはこれを使用しなくなりました。

addErrorNode(ErrorNode)

エラー ノードの子を追加し、その親を強制的にこのノードにします。

addErrorNode(Token)

badToken に基づいて、このノードに子を追加します。 [Token)](xref:Parser%23createErrorNode(ParserRuleContext%2C) を使用せずに ErrorNode を作成します。 私は互換性のためにこれを残していますが、パーサーはこれを使用しなくなりました。

copyFrom(ParserRuleContext)

ctxをコピーして(私は意図的にコピーコンストラクタを使用していません)、親とのノードの作成との混乱を避けます。 子をコピーしません (エラーの残りを除く)。 これは、生成されたパーサー コードで使用され、ルール X の汎用 XContext ノードを代替ラベル Y の YContext に反転します。その意味では、実際には汎用コピー関数ではありません。

ルールの開始時にエラー sync() を実行すると、エラー ノードがジェネリック XContext に追加される可能性があるため、この関数はそれらのノードを YContext にコピーする必要があります。それ以外の場合は失われます。

depth()
emptyContext()
getChild(number)
getChild<T>(number, { })
getChildContext(RuleContext, number)
getRuleContext<T>(number, { })
getRuleContexts<T>({ })
getToken(number, number)
getTokens(number)
removeLastChild()

enterOuterAlt によって使用され、ルールを入力した際に以前に追加された RuleContext を取り出します。 # ラベルがある場合は、ジェネリック ruleContext オブジェクトを削除する必要があります。

setParent(RuleContext)
toInfoString(Parser)

ATN デバッグ用ではなく、解析時のルール コンテキスト情報のデバッグに使用されます

toString()
toString(Recognizer<any, any> | undefined)
toString(Recognizer<any, any> | undefined, RuleContext | undefined)
toString(string[] | undefined)
toString(string[] | undefined, RuleContext | undefined)
toStringTree()
toStringTree(Parser)

ノードだけでなくツリー全体を LISP 形式 (ルート child1 .. childN) で出力します。 リーフの場合は、ノードのみを印刷します。 ルール名を取得するには、認識エンジンを知る必要があります。

toStringTree(string[] | undefined)

ノードだけでなくツリー全体を LISP 形式 (ルート child1 .. childN) で出力します。 リーフの場合は、ノードのみを印刷します。

tryGetChild<T>(number, { })
tryGetRuleContext<T>(number, { })
tryGetToken(number, number)

コンストラクターの詳細

IfElseTemplateBodyContext(ParserRuleContext | undefined, number)

new IfElseTemplateBodyContext(parent: ParserRuleContext | undefined, invokingState: number)

パラメーター

parent

ParserRuleContext | undefined

invokingState

number

プロパティの詳細

ruleIndex

number ruleIndex

プロパティ値

number

継承されたプロパティの詳細

altNumber

このコンテキスト ノードの外部の代替番号を設定します。 既定の実装では、不要なツリーに対するバッキング フィールドのオーバーヘッドを回避するために何も行われません。 バッキング フィールドを使用して ParserRuleContext のサブクラスを作成し、オプション contextSuperClass を設定します。 @since 4.5.3

altNumber: number

プロパティ値

number

継承元 RuleContext.altNumber

childCount

childCount: number

プロパティ値

number

継承元 ParserRuleContext.childCount

children

訪問者の解析ツリーをデバッグまたは構築する場合は、このルールのコンテキストに関連付けられているすべてのトークンとルール呼び出しを追跡する必要があります。 これは、ツリー constr を使用して解析する場合は空です。 このルールの解析方法に関する詳細を追跡する必要がないため、操作。

children?: ParseTree[]

プロパティ値

ParseTree[]

継承元 ParserRuleContext.children

exception

このルールを強制的に返す例外。 ルールが正常に完了した場合、これは です undefined

exception?: RecognitionException

プロパティ値

RecognitionException

継承元 ParserRuleContext.exception

invokingState

invokingState: number

プロパティ値

number

継承元 RuleContext.invokingState

isEmpty

呼び出し中の状態がない場合、コンテキストは空です。つまり、現在のコンテキストと呼ばれる人はいません。

isEmpty: boolean

プロパティ値

boolean

継承元 RuleContext.isEmpty

parent

parent: ParserRuleContext | undefined

プロパティ値

ParserRuleContext | undefined

継承元 ParserRuleContext.parent

payload

payload: RuleContext

プロパティ値

RuleContext

継承元 RuleContext.payload

ruleContext

ruleContext: this

プロパティ値

this

継承元 ParserRuleContext.ruleContext

sourceInterval

sourceInterval: Interval

プロパティ値

Interval

継承元 ParserRuleContext.sourceInterval

start

このコンテキストで最初のトークンを取得します。 開始から停止までの範囲は包括的であるため、何も消費しないルール (長さ 0 やエラーの実稼働など) の場合、このトークンは stop を超える可能性があることに注意してください。

start: Token

プロパティ値

Token

継承元 ParserRuleContext.start

stop

このコンテキストで最終的なトークンを取得します。 開始から停止までの範囲は包括的であるため、何も消費しないルール (長さ 0 やエラーの生成など) の場合、このトークンは開始前になる可能性があることに注意してください。

stop: Token | undefined

プロパティ値

Token | undefined

継承元 ParserRuleContext.stop

text

すべての子ノードの結合テキストを返します。 このメソッドは、解析ツリーに追加されたトークンのみを考慮します。 非表示チャネル (空白やコメントなど) のトークンは解析ツリーに追加されないため、このメソッドの出力には表示されません。

text: string

プロパティ値

string

継承元 RuleContext.text

メソッドの詳細

accept<Result>(LGTemplateParserVisitor<Result>)

function accept<Result>(visitor: LGTemplateParserVisitor<Result>): Result

パラメーター

visitor

LGTemplateParserVisitor<Result>

戻り値

Result

enterRule(LGTemplateParserListener)

function enterRule(listener: LGTemplateParserListener)

パラメーター

exitRule(LGTemplateParserListener)

function exitRule(listener: LGTemplateParserListener)

パラメーター

ifConditionRule()

function ifConditionRule(): IfConditionRuleContext[]

戻り値

ifConditionRule(number)

function ifConditionRule(i: number): IfConditionRuleContext

パラメーター

i

number

戻り値

継承済みメソッドの詳細

addAnyChild<T>(T)

これに解析ツリー ノードを子として追加します。 内部ノードとリーフ ノードに対して機能します。 親リンクを設定しません。他の add メソッドではこれを行う必要があります。 他の addChild メソッドは、これを呼び出します。 既存のインターフェイスに setParent() メソッドがないため、受信ノードの親ポインターを設定できません。このため、下位互換性を損ないたくはありません。

@since 4.7

function addAnyChild<T>(t: T): T

パラメーター

t

T

戻り値

T

継承元 ParserRuleContext.addAnyChild

addChild(RuleContext)

function addChild(ruleInvocation: RuleContext)

パラメーター

ruleInvocation

RuleContext

継承元 ParserRuleContext.addChild

addChild(TerminalNode)

トークン リーフ ノードの子を追加し、その親を強制的にこのノードにします。

function addChild(t: TerminalNode)

パラメーター

t

TerminalNode

継承元 ParserRuleContext.addChild

addChild(Token)

警告

この API は非推奨になりました。

Use another overload instead.

matchedToken に基づいて、このノードに子を追加します。 [Token)](xref:Parser%23createTerminalNode(ParserRuleContext%2C) を使用するのではなく、TerminalNodeImpl を作成します。 互換性のためにこれを残していますが、パーサーはこれを使用しなくなりました。

function addChild(matchedToken: Token): TerminalNode

パラメーター

matchedToken

Token

戻り値

TerminalNode

継承元 ParserRuleContext.addChild

addErrorNode(ErrorNode)

エラー ノードの子を追加し、その親を強制的にこのノードにします。

function addErrorNode(errorNode: ErrorNode): ErrorNode

パラメーター

errorNode

ErrorNode

戻り値

ErrorNode

継承元 ParserRuleContext.addErrorNode

addErrorNode(Token)

警告

この API は非推奨になりました。

Use another overload instead.

badToken に基づいて、このノードに子を追加します。 [Token)](xref:Parser%23createErrorNode(ParserRuleContext%2C) を使用せずに ErrorNode を作成します。 私は互換性のためにこれを残していますが、パーサーはこれを使用しなくなりました。

function addErrorNode(badToken: Token): ErrorNode

パラメーター

badToken

Token

戻り値

ErrorNode

継承元 ParserRuleContext.addErrorNode

copyFrom(ParserRuleContext)

ctxをコピーして(私は意図的にコピーコンストラクタを使用していません)、親とのノードの作成との混乱を避けます。 子をコピーしません (エラーの残りを除く)。 これは、生成されたパーサー コードで使用され、ルール X の汎用 XContext ノードを代替ラベル Y の YContext に反転します。その意味では、実際には汎用コピー関数ではありません。

ルールの開始時にエラー sync() を実行すると、エラー ノードがジェネリック XContext に追加される可能性があるため、この関数はそれらのノードを YContext にコピーする必要があります。それ以外の場合は失われます。

function copyFrom(ctx: ParserRuleContext)

パラメーター

ctx

ParserRuleContext

継承元 ParserRuleContext.copyFrom

depth()

function depth(): number

戻り値

number

継承元 RuleContext.depth

emptyContext()

static function emptyContext(): ParserRuleContext

戻り値

ParserRuleContext

継承元 ParserRuleContext.emptyContext

getChild(number)

function getChild(i: number): ParseTree

パラメーター

i

number

戻り値

ParseTree

継承元 ParserRuleContext.getChild

getChild<T>(number, { })

function getChild<T>(i: number, ctxType: {  }): T

パラメーター

i

number

ctxType

{ }

戻り値

T

継承元 ParserRuleContext.getChild

getChildContext(RuleContext, number)

static function getChildContext(parent: RuleContext, invokingState: number): RuleContext

パラメーター

parent

RuleContext

invokingState

number

戻り値

RuleContext

継承元 RuleContext.getChildContext

getRuleContext<T>(number, { })

function getRuleContext<T>(i: number, ctxType: {  }): T

パラメーター

i

number

ctxType

{ }

戻り値

T

継承元 ParserRuleContext.getRuleContext

getRuleContexts<T>({ })

function getRuleContexts<T>(ctxType: {  }): T[]

パラメーター

ctxType

{ }

戻り値

T[]

継承元 ParserRuleContext.getRuleContexts

getToken(number, number)

function getToken(ttype: number, i: number): TerminalNode

パラメーター

ttype

number

i

number

戻り値

TerminalNode

継承元 ParserRuleContext.getToken

getTokens(number)

function getTokens(ttype: number): TerminalNode[]

パラメーター

ttype

number

戻り値

TerminalNode[]

継承元 ParserRuleContext.getTokens

removeLastChild()

enterOuterAlt によって使用され、ルールを入力した際に以前に追加された RuleContext を取り出します。 # ラベルがある場合は、ジェネリック ruleContext オブジェクトを削除する必要があります。

function removeLastChild()

継承元 ParserRuleContext.removeLastChild

setParent(RuleContext)

function setParent(parent: RuleContext)

パラメーター

parent

RuleContext

継承元 RuleContext.setParent

toInfoString(Parser)

ATN デバッグ用ではなく、解析時のルール コンテキスト情報のデバッグに使用されます

function toInfoString(recognizer: Parser): string

パラメーター

recognizer

Parser

戻り値

string

継承元 ParserRuleContext.toInfoString

toString()

function toString(): string

戻り値

string

継承元 RuleContext.toString

toString(Recognizer<any, any> | undefined)

function toString(recog: Recognizer<any, any> | undefined): string

パラメーター

recog

Recognizer<any, any> | undefined

戻り値

string

継承元 RuleContext.toString

toString(Recognizer<any, any> | undefined, RuleContext | undefined)

function toString(recog: Recognizer<any, any> | undefined, stop: RuleContext | undefined): string

パラメーター

recog

Recognizer<any, any> | undefined

stop

RuleContext | undefined

戻り値

string

継承元 RuleContext.toString

toString(string[] | undefined)

function toString(ruleNames: string[] | undefined): string

パラメーター

ruleNames

string[] | undefined

戻り値

string

継承元 RuleContext.toString

toString(string[] | undefined, RuleContext | undefined)

function toString(ruleNames: string[] | undefined, stop: RuleContext | undefined): string

パラメーター

ruleNames

string[] | undefined

stop

RuleContext | undefined

戻り値

string

継承元 RuleContext.toString

toStringTree()

function toStringTree(): string

戻り値

string

継承元 RuleContext.toStringTree

toStringTree(Parser)

ノードだけでなくツリー全体を LISP 形式 (ルート child1 .. childN) で出力します。 リーフの場合は、ノードのみを印刷します。 ルール名を取得するには、認識エンジンを知る必要があります。

function toStringTree(recog: Parser): string

パラメーター

recog

Parser

戻り値

string

継承元 RuleContext.toStringTree

toStringTree(string[] | undefined)

ノードだけでなくツリー全体を LISP 形式 (ルート child1 .. childN) で出力します。 リーフの場合は、ノードのみを印刷します。

function toStringTree(ruleNames: string[] | undefined): string

パラメーター

ruleNames

string[] | undefined

戻り値

string

継承元 RuleContext.toStringTree

tryGetChild<T>(number, { })

function tryGetChild<T>(i: number, ctxType: {  }): T | undefined

パラメーター

i

number

ctxType

{ }

戻り値

T | undefined

継承元 ParserRuleContext.tryGetChild

tryGetRuleContext<T>(number, { })

function tryGetRuleContext<T>(i: number, ctxType: {  }): T | undefined

パラメーター

i

number

ctxType

{ }

戻り値

T | undefined

継承元 ParserRuleContext.tryGetRuleContext

tryGetToken(number, number)

function tryGetToken(ttype: number, i: number): TerminalNode | undefined

パラメーター

ttype

number

i

number

戻り値

TerminalNode | undefined

継承元 ParserRuleContext.tryGetToken