次の方法で共有


IconUrl 要素

挿入 UX、 AppSource、垂直作業ウィンドウ タブ バーで Office アドインを表すために使用されるイメージの完全な絶対 URL を指定します。

アドインの種類: コンテンツ、作業ウィンドウ、メール

構文

<IconUrl DefaultValue="string" />

含めることができるもの

属性

属性 種類 必須 説明
DefaultValue 文字列 はい この設定の既定値を指定します。この値は、DefaultLocale 要素に指定されるロケールを対象としています。

注釈

イメージは、次のいずれかのファイル形式である必要があります。

  • BMP
  • EXIF
  • GIF
  • JPG
  • PNG
  • TIFF

画像解像度の要件は次のとおりです。

アドインの種類 解像度 (ピクセル)
コンテンツ 32 x 32
メール 64 x 64
作業ウィンドウ 32 x 32

また、 HighResolutionIconUrl 要素を使用して、高 DPI 画面で実行されている Office クライアント アプリケーションで使用するアイコンも指定する必要があります。 詳細については、「AppSource と Office 内で有効なリストを作成する」のセクション「一貫性のあるビジュアル ID を作成する」を参照してください。

メール アドインの場合、アイコンは [ファイル>の管理] アドイン UI (Outlook) または [設定]>[アドインの管理 ] UI (Outlook on the web) に表示されます。 コンテンツ アドインまたは作業ウィンドウ アドインでは、アイコンは、[挿入]>[アドイン] UI に表示されます。

画像は、複数の作業ウィンドウが開いているときに、作業ウィンドウの垂直タブ バーでも使用されます。 同じアドイン内の作業ウィンドウか別のアドインかに関係なく、2 つ目の作業ウィンドウが開くと、作業ウィンドウの横にタブ バーが表示されます。 次の図は、 スクリプト ラボ アドインと別のアドインの両方が開始され、スクリプト ラボの [コード ] と [ 実行 ] 作業ウィンドウの両方が開いているタブ バーを示しています。

作業ウィンドウの上端インチ。右上隅の右側に 3 つの四角形のタブがあります。2 つのタブに [スクリプト ラボ] アイコンがあります。3 つ目には、別のアドインのアイコンがあります。

すべてのアドインの種類に対して、 AppSource にアドインを発行する場合、アイコンも AppSource で使用されます。

実行時の要素の値の IconUrl 変更は現在サポートされていません。

<IconUrl DefaultValue="https://localhost:3000/assets/images/icon-32.png" />
<IconUrl DefaultValue="https://script-lab.azureedge.net/assets/images/icon-32.png" />