次の方法で共有


Supertip

豊富なヒント (タイトルと説明の両方) を定義します。 これは、Button コントロールMenu コントロールの両方で使用されます。

注:

スーパーヒントは、Office デスクトップ クライアントでのみサポートされます。 Outlook on the webおよび新しい Outlook on Windows (プレビュー) では、Title> 子要素のみが<サポートされています。

アドインの種類: 作業ウィンドウ、メール

次の VersionOverrides スキーマでのみ有効です

  • Taskpane 1.0
  • メール 1.0
  • メール 1.1

詳細については、「 マニフェストでのバージョンのオーバーライド」を参照してください。

次の要件セットに関連付けられています

  • <VersionOverrides が Taskpane 1.0 型の場合、AddinCommands> 1.1。
  • <VersionOverrides が「Mail 1.0」と入力されている場合の>メールボックス 1.3
  • <VersionOverrides が「Mail 1.1」と入力されている場合の>メールボックス 1.5

子要素

要素 必須 説明
Title はい ヒントのテキストです。
説明 はい ヒントの説明です。

重要: Outlook では、 <Description> 子要素は Windows クライアントと Mac クライアントでのみサポートされています。

タイトル

必ず指定します。 ヒントのテキストです。 resid 属性は 32 文字以下であり、Resources 要素の ShortStrings> 要素の<String> 要素の id 属性の<値に設定する必要があります。

説明

必ず指定します。 ヒントの記述です。 resid 属性は 32 文字以内で指定でき、Resources 要素の LongStrings> 要素の<String> 要素の<id 属性の値に設定する必要があります。

注:

Outlook では、 <Description> 子要素は Windows クライアントと Mac クライアントでのみサポートされています。

<Supertip>
    <Title resid="funcReadSuperTipTitle" />
    <Description resid="funcReadSuperTipDescription" />
</Supertip>