次の方法で共有


Excel JavaScript API 1.11 の新機能

ExcelApi 1.11 では、コメントとブック レベルのコントロール (ブックの保存や閉じるなど) のサポートが強化されました。 また、ローカライズの説明に役立つカルチャ設定へのアクセスも追加されました。

機能領域 説明 関連オブジェクト
コメント メンション コメントを使用して他のブック ユーザーにタグを付け、通知します。 CommentCommentRichContent
コメント 解決 コメント スレッドを解決し、解決状態を取得します。 コメント
カルチャ設定 ブックのカルチャ システム設定 (数値の書式設定など) を取得します。 CultureInfoNumberFormatInfoアプリケーション
切り取りと貼り付け (moveTo) Excel の範囲の切り取りと貼り付けの機能をレプリケートします。 Range
ブックを保存して閉じる ブックを保存して閉じます。 Workbook
ワークシート イベント ワークシートの計算と非表示行の追加のイベントとイベント情報。 WorksheetCalculatedEventArgs, WorksheetRowHiddenChangedEventArgs

API リスト

次の表に、Excel JavaScript API 要件セット 1.11 の API を示します。 Excel JavaScript API 要件セット 1.11 以前でサポートされているすべての API の API リファレンス ドキュメントを表示するには、「 要件セット 1.11 以前の Excel API」を参照してください。

クラス フィールド 説明
Application Cultureinfo 現在のシステム カルチャ設定に基づいて情報を提供します。
decimalSeparator 数値の小数点として使用される文字列を取得します。
thousandsSeparator 数値の小数点の左側にある数字のグループを区切るために使用される文字列を取得します。
useSystemSeparators Excel のシステム区切り記号を有効にするかどうかを指定します。
コメント 言及 コメントに記載されているエンティティ (people など) を取得します。
解決 コメント スレッドの状態。
richContent リッチ コメント コンテンツ (コメント内のメンションなど) を取得します。
updateMentions(contentWithMentions: Excel.CommentRichContent) 特別に書式設定された文字列とメンションのリストを含むコメント コンテンツを更新します。
CommentCollection add(cellAddress: range | string, content: CommentRichContent | string, contentType?: Excel.ContentType) 指定したセルで、指定した内容の新しいコメントを作成します。
CommentMention email コメントに記載されているエンティティの電子メール アドレス。
id エンティティの ID。
name コメントに記載されているエンティティの名前。
CommentReply 言及 コメントに記載されているエンティティ (ユーザーなど)。
解決 コメント応答の状態。
richContent リッチ コメント コンテンツ (コメント内のメンションなど)。
updateMentions(contentWithMentions: Excel.CommentRichContent) 特別に書式設定された文字列とメンションのリストを含むコメント コンテンツを更新します。
CommentReplyCollection add(content: CommentRichContent | string, contentType?: Excel.ContentType) コメントのコメント応答を作成します。
CommentRichContent 言及 コメント内で言及されているすべてのエンティティ (people など) を含む配列。
richContent コメントのリッチ コンテンツを指定します (たとえば、メンションを含むコメント コンテンツ、最初のメンションエンティティの ID 属性は 0、2 番目のメンションエンティティの ID 属性は 1 です)。
CultureInfo name languagecode2-country/regioncode2 ("zh-cn" や "en-us" など) の形式でカルチャ名を取得します。
numberFormat 数値を表示するカルチャに適した形式を定義します。
NumberFormatInfo numberDecimalSeparator 数値の小数点として使用される文字列を取得します。
numberGroupSeparator 数値の小数点の左側にある数字のグループを区切るために使用される文字列を取得します。
Range moveTo(destinationRange: range | string) セルの値、書式、数式を現在の範囲から変換先の範囲に移動し、それらのセルの古い情報を置き換えます。
範囲の形式 adjustIndent(amount: number) 範囲の書式設定のインデントを調整します。
ブック close(closeBehavior?: Excel.CloseBehavior) 現在のブックを閉じます。
save(saveBehavior?: Excel.SaveBehavior) 現在のブックを保存します。
ワークシート onRowHiddenChanged 特定のワークシートで 1 つ以上の行の非表示状態が変更されたときに発生します。
WorksheetCalculatedEventArgs address 計算を完了した範囲のアドレス。
WorksheetCollection onRowHiddenChanged 特定のワークシートで 1 つ以上の行の非表示状態が変更されたときに発生します。
WorksheetRowHiddenChangedEventArgs address 特定のワークシートで変更されたエリアを表す範囲のアドレスを取得します。
changeType イベントのトリガー方法を表す変更の種類を取得します。
source イベントのソースを取得します。
type イベントの種類を取得します。
worksheetId データが変更されたワークシートの ID を取得します。

関連項目