次の方法で共有


Word.DropDownListContentControl class

注意

この API は開発者向けにプレビューとして提供されており、寄せられたフィードバックにもとづいて変更される場合があります。 この API は運用環境で使用しないでください。

DropDownList 型のコンテンツ コントロールに固有のデータ。

Extends

注釈

[ API セット: WordApi BETA (プレビューのみ) ]

プロパティ

context

オブジェクトに関連付けられている要求コンテキスト。 これにより、アドインのプロセスが Office ホスト アプリケーションのプロセスに接続されます。

listItems

ドロップダウン リスト コンテンツ コントロールのリスト 項目のコレクションを取得します。

メソッド

addListItem(displayText, value, index)

このドロップダウン リスト コンテンツ コントロールに新しいリスト アイテムを追加し、Wordを返します。ContentControlListItem オブジェクト。

deleteAllListItems()

このドロップダウン リスト コンテンツ コントロールのすべてのリスト 項目を削除します。

load(propertyNames)

オブジェクトの指定されたプロパティを読み込むコマンドを待ち行列に入れます。 プロパティを読み取る前に、context.sync() を呼び出す必要があります。

load(propertyNamesAndPaths)

オブジェクトの指定されたプロパティを読み込むコマンドを待ち行列に入れます。 プロパティを読み取る前に、context.sync() を呼び出す必要があります。

toJSON()

API オブジェクトが に渡されたときにより便利な出力を提供するために、JavaScript toJSON() メソッドを JSON.stringify()オーバーライドします。 (JSON.stringifyさらに、渡される オブジェクトの メソッドを呼び出toJSONします)。一方、元のWord。DropDownListContentControl オブジェクトは API オブジェクトです。メソッドは、元のtoJSONオブジェクトから読み込まれた子プロパティの浅いコピーを含むプレーンな JavaScript オブジェクト (としてWord.Interfaces.DropDownListContentControlData型指定) を返します。

track()

ドキュメントの環境変更に基づいて自動的に調整する目的でオブジェクトを追跡します。 この呼び出しは、context.trackedObjects.add(thisObject)の短縮形です。 このオブジェクトを呼び出しで .sync 使用していて、".run" バッチのシーケンシャル実行の外部で使用していて、プロパティを設定するとき、またはオブジェクトのメソッドを呼び出すときに "InvalidObjectPath" エラーが発生する場合は、オブジェクトが最初に作成されたときに追跡対象のオブジェクト コレクションにオブジェクトを追加する必要があります。 このオブジェクトがコレクションの一部である場合は、親コレクションも追跡する必要があります。

untrack()

前に追跡されていた場合、このオブジェクトに関連付けられているメモリを解放します。 この呼び出しは、context.trackedObjects.remove(thisObject)の短縮形です。 追跡対象オブジェクトが多いとホスト アプリケーションの動作が遅くなります。追加したオブジェクトが不要になったら、必ずそれを解放してください。 メモリ解放が有効になる前に を呼び出す context.sync() 必要があります。

プロパティの詳細

context

注意

この API は開発者向けにプレビューとして提供されており、寄せられたフィードバックにもとづいて変更される場合があります。 この API は運用環境で使用しないでください。

オブジェクトに関連付けられている要求コンテキスト。 これにより、アドインのプロセスが Office ホスト アプリケーションのプロセスに接続されます。

context: RequestContext;

プロパティ値

listItems

注意

この API は開発者向けにプレビューとして提供されており、寄せられたフィードバックにもとづいて変更される場合があります。 この API は運用環境で使用しないでください。

ドロップダウン リスト コンテンツ コントロールのリスト 項目のコレクションを取得します。

readonly listItems: Word.ContentControlListItemCollection;

プロパティ値

注釈

[ API セット: WordApi BETA (プレビューのみ) ]

メソッドの詳細

addListItem(displayText, value, index)

注意

この API は開発者向けにプレビューとして提供されており、寄せられたフィードバックにもとづいて変更される場合があります。 この API は運用環境で使用しないでください。

このドロップダウン リスト コンテンツ コントロールに新しいリスト アイテムを追加し、Wordを返します。ContentControlListItem オブジェクト。

addListItem(displayText: string, value?: string, index?: number): Word.ContentControlListItem;

パラメーター

displayText

string

必須です。 リスト アイテムのテキストを表示します。

value

string

省略可能です。 リスト アイテムの値。

index

number

省略可能です。 リスト内の新しい項目のインデックスの場所。 指定した位置に項目が存在する場合、既存の項目はリスト内での順序が後になります。 省略した場合、新しい項目はリストの最後に追加されます。

戻り値

注釈

[ API セット: WordApi BETA (プレビューのみ) ]

deleteAllListItems()

注意

この API は開発者向けにプレビューとして提供されており、寄せられたフィードバックにもとづいて変更される場合があります。 この API は運用環境で使用しないでください。

このドロップダウン リスト コンテンツ コントロールのすべてのリスト 項目を削除します。

deleteAllListItems(): void;

戻り値

void

注釈

[ API セット: WordApi BETA (プレビューのみ) ]

load(propertyNames)

注意

この API は開発者向けにプレビューとして提供されており、寄せられたフィードバックにもとづいて変更される場合があります。 この API は運用環境で使用しないでください。

オブジェクトの指定されたプロパティを読み込むコマンドを待ち行列に入れます。 プロパティを読み取る前に、context.sync() を呼び出す必要があります。

load(propertyNames?: string | string[]): Word.DropDownListContentControl;

パラメーター

propertyNames

string | string[]

読み込むプロパティを指定するコンマ区切り文字列または文字列の配列。

戻り値

load(propertyNamesAndPaths)

注意

この API は開発者向けにプレビューとして提供されており、寄せられたフィードバックにもとづいて変更される場合があります。 この API は運用環境で使用しないでください。

オブジェクトの指定されたプロパティを読み込むコマンドを待ち行列に入れます。 プロパティを読み取る前に、context.sync() を呼び出す必要があります。

load(propertyNamesAndPaths?: {
            select?: string;
            expand?: string;
        }): Word.DropDownListContentControl;

パラメーター

propertyNamesAndPaths

{ select?: string; expand?: string; }

propertyNamesAndPaths.select は、読み込むプロパティを指定するコンマ区切り文字列で propertyNamesAndPaths.expand 、読み込むナビゲーション プロパティを指定するコンマ区切りの文字列です。

戻り値

toJSON()

注意

この API は開発者向けにプレビューとして提供されており、寄せられたフィードバックにもとづいて変更される場合があります。 この API は運用環境で使用しないでください。

API オブジェクトが に渡されたときにより便利な出力を提供するために、JavaScript toJSON() メソッドを JSON.stringify()オーバーライドします。 (JSON.stringifyさらに、渡される オブジェクトの メソッドを呼び出toJSONします)。一方、元のWord。DropDownListContentControl オブジェクトは API オブジェクトです。メソッドは、元のtoJSONオブジェクトから読み込まれた子プロパティの浅いコピーを含むプレーンな JavaScript オブジェクト (としてWord.Interfaces.DropDownListContentControlData型指定) を返します。

toJSON(): Word.Interfaces.DropDownListContentControlData;

戻り値

track()

注意

この API は開発者向けにプレビューとして提供されており、寄せられたフィードバックにもとづいて変更される場合があります。 この API は運用環境で使用しないでください。

ドキュメントの環境変更に基づいて自動的に調整する目的でオブジェクトを追跡します。 この呼び出しは、context.trackedObjects.add(thisObject)の短縮形です。 このオブジェクトを呼び出しで .sync 使用していて、".run" バッチのシーケンシャル実行の外部で使用していて、プロパティを設定するとき、またはオブジェクトのメソッドを呼び出すときに "InvalidObjectPath" エラーが発生する場合は、オブジェクトが最初に作成されたときに追跡対象のオブジェクト コレクションにオブジェクトを追加する必要があります。 このオブジェクトがコレクションの一部である場合は、親コレクションも追跡する必要があります。

track(): Word.DropDownListContentControl;

戻り値

untrack()

注意

この API は開発者向けにプレビューとして提供されており、寄せられたフィードバックにもとづいて変更される場合があります。 この API は運用環境で使用しないでください。

前に追跡されていた場合、このオブジェクトに関連付けられているメモリを解放します。 この呼び出しは、context.trackedObjects.remove(thisObject)の短縮形です。 追跡対象オブジェクトが多いとホスト アプリケーションの動作が遅くなります。追加したオブジェクトが不要になったら、必ずそれを解放してください。 メモリ解放が有効になる前に を呼び出す context.sync() 必要があります。

untrack(): Word.DropDownListContentControl;

戻り値