システム センター 更新プログラム パブリッシャー

適用対象: System Center 更新 Publisher

System Center 更新 Publisher (更新 Publisher) は、独立系ソフトウェア ベンダーまたは基幹業務アプリケーション開発者がカスタム更新プログラムを管理できるようにするスタンドアロン ツールです。 このカスタム更新管理には、ドライバーや更新プログラム バンドルなどの依存関係を持つ更新プログラムが含まれます。

パブリッシャー更新使用すると、次のことができます。

  • 外部カタログ (Microsoft以外の更新カタログ) から更新プログラムをインポートします。
  • 適用可能性、デプロイ メタデータなど、更新プログラムの定義を変更します。
  • 更新プログラムを外部カタログにエクスポートします。
  • 更新プログラムサーバーに更新プログラムを発行します。

更新プログラム サーバーに更新プログラムを発行した後、Configuration Managerを使用して、それらの更新プログラムを検出してマネージド デバイスに展開できます。

ワークスペース

Publisher 更新開くと、既定で 更新 ワークスペースの [概要] ノードになります。

パブリッシャー コンソール更新

更新 Publisher には、整理に役立つ 4 つのワークスペースがあります。

更新 ワークスペース: このワークスペースを使用して、ソフトウェア更新プログラムと更新プログラム バンドルを作成および管理します。 このワークスペースには、パブリケーションへの更新とバンドルの割り当て、発行、および別の 更新 Publisher リポジトリへのエクスポートが含まれます。

パブリケーション ワークスペース: このワークスペースは、 パブリケーションを管理する場所です。 パブリケーションは、更新プログラムのエクスポートと発行を簡略化するために作成する更新プログラムのグループです。

パブリケーションの管理には、クライアントがサーバーに更新プログラムを発行してインストールしたり、他の 更新 Publisher インストールで使用する更新プログラムやバンドルをエクスポートしたり、パブリケーションの内容や詳細を変更したりできます。

[ルール] ワークスペース: ここでは、展開した更新プログラムと共に保存して使用できる 適用規則を管理 します。 ルールには次の 2 種類があります。

  • インストール可能なルール – これらの規則は、クライアントが更新プログラムをインストールする必要があるかどうかを判断するのに役立ちます。
  • インストール済みルール – これらの規則は、更新プログラムが既にインストールされているかどうかを確認します。

カタログ ワークスペース: このワークスペースを使用して、 ソフトウェア更新プログラム カタログを追加および管理します。 このワークスペースには、これらのカタログから 更新 Publisher リポジトリへのソフトウェア更新プログラムのインポートが含まれています。

System Center 更新 Publisher の新機能

注:

System Center 更新 Publisher の最新バージョンが 2019 年 11 月 6 日にリリースされました。 詳細については、「 リリース履歴 」セクションを参照してください。

更新プログラムの作成に役立つ新しいオーサリング モード System Center 更新 Publisher があります。 オーサリング モードを有効にすると、 カテゴリ ワークスペース がスタート画面に追加されます。 オーサリング モードが有効になっている場合は、新しい Detectoid ボタンも 更新 ワークスペースに追加されます。

オーサリング モードを有効にするには

  1. コンソールの左上隅にある [更新パブリッシャープロパティ] タブをクリックし、[オプション] を選択します
  2. [作成] オプションに移動します。
  3. [ オーサリング モードを有効にする] チェック ボックスをオンにします。

パブリッシャーのオーサリング モードを有効にする更新

カテゴリ ワークスペースについて

カテゴリ ワークスペースを使用すると、更新プログラムの作成者は、一緒に属する更新プログラムを整理できます。 たとえば、OEM の場合は、モデルや製品ラインに基づいて更新プログラムを整理できます。 複数のカテゴリと子カテゴリを定義できますが、2 つのレベルに制限されるため、グランド子カテゴリは定義できません。

カテゴリ ワークスペースのスクリーンショット

カテゴリに更新プログラムを割り当てる

更新プログラムを作成したら、更新プログラムを選択して [分類] ボタンをクリックすることで、更新プログラムを カテゴリ に割り当てることができます。 更新プログラムを右クリックし、[ 分類] を選択することもできます。

更新プログラムの分類のスクリーンショット

detectoid について

オーサリング モードが有効になると、更新プログラム用の detectoid を作成できます。 Detectoid は、同じルール (またはルールのセット) を使用して適用性を判断する複数の更新がある場合に便利です。 これらのインスタンスでは、detectoid を作成し、更新の前提条件として割り当てます。 作成した更新プログラムに複数の Detectoid を割り当てることができます。

detectoid を作成する

  1. 更新 ワークスペースを開きます。
  2. リボンの [ Detectoid ] ボタンをクリックします。
  3. ウィザードの指示に従って detectoid を作成します。

detectoid を使用して前提条件を更新する

リリース履歴

次の手順

作業を開始するには、まずをインストールしてから、更新 Publisher のオプションを構成します。