Win32 アプリ コンテンツのアップロードを準備する

Win32 アプリを Microsoft Intune に 追加する前に、Microsoft Win32 コンテンツ準備ツールを使用してアプリを準備する必要があります。

前提条件

Win32 アプリの管理を使用するには、次の基準を満たしている必要があります。

  • Windows 10 バージョン 1607 以降 (Enterprise、Pro、Education バージョン) を使用します。
  • デバイスを Azure Active Directory (Azure AD) に登録または参加させ、自動登録する必要があります。 Intune 管理拡張機能では、Azure AD 登録済み、Azure AD 参加済み、ハイブリッド ドメイン参加済み、およびグループ ポリシー登録済みのデバイスがサポートされます。

    注意

    グループ ポリシー登録のシナリオの場合、ユーザーはローカル ユーザー アカウントを使用して、Windows 10 デバイスを Azure AD に参加させます。 ユーザーは、Azure AD ユーザー アカウントを使用してデバイスにログオンし、Intune に登録する必要があります。 PowerShell スクリプトまたは Win32 アプリのターゲットがユーザーまたはデバイスである場合、Intune によりデバイス上に Intune 管理拡張機能がインストールされます。

  • Windows アプリケーションのサイズはアプリごとに 8 GB に制限されています。

Win32 アプリのコンテンツを変換する

Microsoft Win32 コンテンツ準備ツールを使用して、Windows クラシック (Win32) アプリを事前処理します。 このツールは、アプリケーション インストール ファイルを .intunewin 形式に変換します。 また、このツールは、Intune でアプリケーションのインストール状態を判断するのに必要な属性の一部を検出します。 アプリのインストーラー フォルダーでこのツールを使用した後、Intune コンソールで Win32 アプリを作成できます。

重要

Microsoft Win32 コンテンツ準備ツールでは、.intunewin ファイルの作成時に、すべてのファイルとサブフォルダーを zip 圧縮します。 必ず、Microsoft Win32 コンテンツ準備ツールを、インストーラー ファイルとフォルダーから切り離し、.intunewin ファイルにツールや他の不要なファイルとフォルダーを含めないようにしてください。

Microsoft Win32 コンテンツ準備ツールは、GitHub から .zip ファイルとしてダウンロードできます。 zip ファイルには、Microsoft-Win32-Content-Prep-Tool-master という名前のフォルダーが含まれています。 フォルダーには準備ツール、ライセンス、readme、およびリリース ノートが含まれています。

.intunewin ファイルを作成するプロセス フロー

Flow chart of the process to create a .intunewin file.

Microsoft Win32 コンテンツ準備ツールを実行する

コマンド ウィンドウからパラメーターを指定せずに IntuneWinAppUtil.exe を実行する場合、ツールによって、段階的に必要なパラメーターを入力する方法が示されます。 以下の使用可能なコマンド ライン パラメーターに基づいて、コマンドにパラメーターを追加することもできます。

使用可能なコマンド ライン パラメーター

コマンド ライン パラメーター 説明
-h ヘルプ
-c <setup_folder> すべてのセットアップ ファイルのフォルダー。このフォルダー内のすべてのファイルは、.intunewin ファイルに圧縮されます。
-s <setup_file> セットアップ ファイル (setup.exesetup.msi など)。
-o <output_folder> 生成された .intunewin ファイルの出力フォルダー。
-q Quiet モード。

コマンドの例

コマンド例 説明
IntuneWinAppUtil -h このコマンドでは、ツールの使用情報が表示されます。
IntuneWinAppUtil -c c:\testapp\v1.0 -s c:\testapp\v1.0\setup.exe -o c:\testappoutput\v1.0 -q このコマンドにより、指定されたソース フォルダーおよびセットアップ ファイルから .intunewin ファイルが生成されます。 MSI セットアップ ファイルでは、このツールは Intune に必要な情報を取得します。 -q が指定されている場合、コマンドは quiet モードで実行されます。 出力ファイルが既に存在する場合は上書きされます。 また、出力フォルダーが存在しない場合は、自動的に作成されます。

.intunewin ファイルを生成する場合、参照するために必要なすべてのファイルをセットアップ フォルダーのサブフォルダーに置いてください。 次に、相対パスを使用して特定の必要なファイルを参照します。 例:

セットアップのソース フォルダー: c:\testapp\v1.0
ライセンス ファイル: c:\testapp\v1.0\licenses\license.txt

相対パス licenses\license.txt を使用して license.txt ファイルを参照します。

次の手順