登録済みの Windows デバイスでセキュア ブートを有効にする

セキュア ブートは、PC 業界のメンバーによって開発されたセキュリティ標準であり、OEM (Original Equipment Manufacturer) によって信頼されているソフトウェアのみを使用してデバイスが起動されるようにするのに役立ちます。 組織のデバイス管理ポリシーでは、登録済みの Windows デバイスで有効にする必要がある場合があります。 この要件を満たしていないデバイスは、職場または学校のリソースにアクセスできない可能性があります。

セキュア ブートを有効にする

登録済みのデバイスがモバイル デバイスである場合は、サポート担当者に連絡すると、セキュア ブートが有効にされます。

登録済みのデバイスが PC の場合は、次のいずれかを実行できます。

  • サポート担当者にお問い合わせください。
  • PC BIOS メニューからセキュア ブートを有効にします。 手順については、「セキュア ブートの無効化」を参照してください。

セキュア ブートの状態を確認する

PC でセキュア ブートの状態を確認するには

  1. [スタート] に移動します。
  2. 検索バーに「msinfo32」と入力し、Enter キーを押します。
  3. [システム情報] が開きます。 [システムの概要] を選択します。
  4. 画面の右側で [BIOS モード][セキュア ブートの状態] を確認します。 [BIOS モード] に [UEFI] が表示され、[セキュア ブートの状態] が [オフ] になっている場合は、セキュア ブートは無効になっています。

次の手順

  • セキュア ブート機能の詳細については、Windows ハードウェア開発者のドキュメントを参照してください。
  • さらにヘルプが必要ですか? セキュア ブートを有効にできない場合、または既に有効になっていると表示される場合は、サポート担当者にお問い合わせください。 組織の連絡先情報については、「企業のポータル サイト」にサインインしてください。