ビジネス ユーザー向け Microsoft 365 用のモバイル デバイスをセットアップする

タブの指示に従って、Office を iPhone または Android スマートフォンにインストールします。 これらの手順に従うと、Office アプリで作成された作業ファイルは、ビジネス向けの Microsoft 365 によって保護されます。

この例は Outlook 用ですが、インストールするその他の Office アプリにも適用されます。

モバイル デバイスをセットアップする

Microsoft 365 Business を使用して iOS デバイスで Office アプリをセットアップする方法に関する短時間のビデオをご覧ください。

このビデオが役に立った場合には、「complete training series for small businesses and those new to Microsoft 365 (小規模企業および Microsoft 365 を初めて使用する企業向けのトレーニング シリーズ)」をご覧ください。

App Store に移動し、検索フィールドに「 Microsoft Outlook」と入力します。

iPhone の App Store に移動する。

クラウドのアイコンをタップして Outlook をインストールします。

クラウド アイコンをタップして、Outlook をインストールする。

インストールが完了したら、[ 開く] ボタンをタップして、Outlook を開き、[ はじめに] をタップします。

[開始] ボタンのある Outlook のスクリーンショット。

[アカウントの追加] 画面>で職場の電子メール アドレスEmail入力し、ビジネス資格情報>の Microsoft 365 サインインを入力します。

仕事のアカウントにサインインします。

組織がアプリ内のファイルを保護している場合は、組織がアプリ内のデータを保護していることを示すダイアログが表示され、引き続き使用するにはアプリを再起動する必要があります。 [ OK] をタップして Outlook を終了します。

組織が Outlook アプリを保護していることを示すスクリーンショット

iPhone で Outlook を見つけて、再起動します。 メッセージが表示されたら、PIN を入力して確認します。 これで iPhone で Outlook を使用できるようになりました。

組織のデータのアクセスするための PIN を設定します。