Microsoft 365 Defender の使用を開始する

注:

Microsoft 365 Defender を体験してみませんか? Microsoft 365 Defenderを評価してパイロットする方法の詳細については、こちらを参照してください。

適用対象:

  • Microsoft 365 Defender

Microsoft 365 Defenderは、企業全体のセキュリティを監視および管理できる統合エクスペリエンスです。 ID、エンドポイント、データ、アプリ、電子メール、コラボレーション ツール全体にわたる統合アラートにより、脅威の調査と対応が一元的な場所で行われるようになりました。

Microsoft 365 全体の脅威の防止、検出、調査、修復にMicrosoft 365 Defenderが役立つ方法については、この短いビデオをご覧ください。

Microsoft のセキュリティ製品スイートを初めて使用する場合でも、個々のワークフローに精通している場合でも、このトピックでは、Microsoft 365 Defenderの使用を開始するために必要な簡単な手順について説明します。

Microsoft 365 Defender ポータルを使用する手順

一般に、次の手順に従って作業を開始する必要があります。

  • 手順 1: Microsoft 365 Defenderを有効にする
    まず、ポータルにアクセスできるように適切なライセンスとロールが割り当てられていることを確認して、サービスを有効にする必要があります。

    その後、いくつかの簡単な設定を実行し、サービスがオンになっていることを確認できます。

  • 手順 2: サポートされているサービスをデプロイする
    最初の手順を完了したら、Microsoft 365 Defenderに付属するサポートされているサービスをデプロイする必要があります。 サービスをデプロイすると、ネットワーク全体の資産からのシグナルの可視性が効果的に向上します。

主な機能

サービスのMicrosoft 365 Defenderとデプロイを有効にすると、次の主要な機能にアクセスできます。

機能 説明
Microsoft Defender for Endpoint 強力な行動センサー、クラウド分析、脅威インテリジェンスを中心に構築されたエンドポイント保護スイート
Microsoft Defender for Office 365 メールやその他のコラボレーション ツールを含む、Office 365内のアプリとデータの高度な保護
Microsoft Defender for Identity 高度な脅威、侵害された ID、悪意のあるインサイダーから、相関 Active Directory 信号を使用して防御する
Microsoft Defender for Cloud Apps Microsoft およびサード パーティのクラウド サービス全体でサイバー脅威を特定して対処する