Office アプリケーションがクラッシュするか、起動できない

注:

この記事では、クラッシュシグネチャのモジュール名をmso30win32client.dllするクラッシュ シナリオのみを取り上げます。

その他のシナリオについては、次の記事を参照してください。

Office アプリケーションがクラッシュした場合や起動していない場合は、Microsoft Community Office コマーシャル 管理 センター フォーラムを確認してください。

現象

Microsoft Office 2016 アプリケーションがクラッシュするか、起動できない場合があります。 影響を受けていると見なされているアプリケーションは、Excel、Outlook、Skype for Business、Word、Access、Publisher、Project、OneNote です。

さらに、アプリケーション イベント ログで、イベント ID 1000 で次のようなクラッシュ署名が見つかる場合があります。

Application Name: <application>.exe
Application Version:16.0.4266.1001
Module Name: mso30win32client.dll
Module Version: 16.0.4266.1001
Offset: <varies>

注:

  • アプリケーション名は、excel.exe、outlook.exe、lync.exe、winword.exe、msaccess.exe、mspub.exe、winproj.exe、onenote.exeなど、アプリケーションの実行可能ファイルの名前になります。
  • アプリケーションのバージョン、モジュールのバージョン、オフセットは異なります。

回避策

重要

このセクションの手順の実行には注意が必要です。 レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。 変更する前に、問題の発生に備えて復元用にレジストリのバックアップを作成してください。

この問題を回避するには、以下の手順を実行します。

  1. すべての Office 2016 アプリケーションを終了します。

  2. レジストリ エディターを起動します。 それには、使用している Windows のバージョンに応じて、以下のいずれかの方法を使用します。

    • Windows 10、Windows 8.1、Windows 8:P ress Windows キー + R を使用して、[実行] ダイアログ ボックスを開きます。 regedit.exeと入力し、OK キーを押 します
    • Windows 7: [スタート] ボタンをクリックし、[検索] ボックスに「regedit.exe」と入力し、Enter キーを押します。
  3. 次のレジストリ キーを見つけて選択します。

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Common\General

  4. 手順 3 で指定したキーで ShownFirstRunOptin レジストリ値を探します。 ShownFirstRunOptin が見つからない場合は、手順 5 に進みます。 見つかる場合は、手順 7 に進みます。

  5. ShownFirstRunOptin レジストリ値が見つからない場合は、[編集] メニューの [新規] をポイントし、[DWORD (32 ビット) 値] をクリックします。

  6. 「ShownFirstRunOptin」と入力し、Enter キーを押します。

  7. ShownFirstRunOptin を右クリックし、[変更] をクリックします。

  8. [値のデータ] ボックスに「1」と入力し、[OK] をクリックします。

  9. [ ファイル ] メニューの [ 終了 ] をクリックしてレジストリ エディターを終了します。