音声会議の無料ダイヤル アウト期間

Teams PSTN サービス

お客様は、Teams PSTN サービス使用条件および顧客のボリューム ライセンス契約で許可されている Microsoft 365 または通話プランと Teams 電話会議を使用できます。 PSTN サービス使用条件は、「 ライセンス リソースとドキュメント」で確認できます。

無料ダイヤルアウト期間の終了

無料のダイヤルアウト機能は、2019 年 12 月 1 日に終了しました。 詳細については、「 電話会議サブスクリプションのダイヤルアウト」を参照し、特典を受けて電話をかけてください

この変更は、電話会議サブスクリプションが利用可能な国と地域では行われませんでしたが、現在、コミュニケーション クレジットの設定は有効になっていません。 これらの特定の国と地域は、ロシア、韓国、台湾です。

無料のダイヤルアウト期間の詳細

Microsoft 365 電話会議サービスを導入しているお客様向けに、Microsoft は、2019 年 11 月まで Microsoft 365 電話会議サブスクリプション ライセンスが割り当てられているユーザーが開催する会議からのダイヤルアウトに関連する追加の無料特典を提供しています。 この無料期間中、Microsoft では、会議ポリシー設定で定義されている会議開催者または承認された出席者が、会議内から 44 ゾーン A の国と地域の非プレミアム電話番号へのダイヤルアウト通話を行うことができます。 この特典は、電話会議の毎月のサブスクリプション ライセンスには適用され、電話会議の 1 分あたりの支払いライセンスには適用されません。

また、無料ダイヤルアウト期間中は、次のような 900 分の制限があります。

any_ 国またはリージョンのライセンスの使用場所 (場所は、Microsoft 365 管理センターのライセンス領域で定義されているユーザーの国または地域の場所) を持つユーザーは、会議から 44 のゾーン A の国と地域のいずれかにダイヤルアウトできます。 各ユーザーは、テナント レベルでプールされているゾーン A の国と地域のいずれかに対して、1 人あたり 1 か月あたり 900 分を受け取ります。 たとえば、顧客は 115 の電話会議サブスクリプション ライセンスを購入しており、米国では 10 人のユーザー、英国では 100 人、インドでは 5 人のユーザーがいて、すべて電話会議サブスクリプション ライセンスがユーザーに割り当てられます。

  • すべての 115 ユーザーが共有するプール (115 ユーザー X 900 分) = 103,500 会議ダイヤルアウト分 /暦月、 ゾーン A のいずれかの国と地域への発信呼び出しを行うために使用できます。

  • 1 暦月あたり 103,500 分を超える通話はすべて、その宛先への公開料金でコミュニケーション クレジットを使用して 1 分あたりに課金されます。 (注: テナントはコミュニケーション クレジットを設定し、コミュニケーション クレジット ライセンスを会議開催者に割り当てる必要があります)。

  • ゾーン A の国と地域の一覧に含まれていない宛先へのすべての発信通話は、その宛先への公開されたレートでコミュニケーション クレジットを使用して 1 分あたりに課金されます (テナントがコミュニケーション クレジットを設定し、会議の開催者に通信クレジット ライセンスを割り当てた場合)。

注意

Teams 管理センターでは、ダイヤルアウト分プールに対する使用状況を監視できます。 Microsoft Teams 管理センターで、[レガシ ポータル>レポートPSTN 分プール]> に移動します。 この無料の分プールは、レポートで "ゾーン A の国と地域への発信通話" としてラベル付けされます。

Email通知は、テナントのダイヤルアウト分プールの使用率が 80% と 100% に達したときに、特定の顧客のすべてのテナント管理者に送信されます。

1 分あたりに課金されるダイヤルアウト通話 (テナント ダイヤルアウト分プールを超える通話、または ゾーン A の国と地域 の一覧にない宛先への通話) の場合、通話とその関連レートは、主に通話の送信先に基づいており、開催者の国または地域、またはダイヤルアウト呼び出しを開始する参加者には基づいていません。 たとえば、フランスの電話番号への通話は、米国またはフランスの会議参加者によって開始された場合、同じ料金で課金されます。

コミュニケーション クレジットの詳細については、「 コミュニケーション クレジット」を参照してください。