Teams でメッセージング ポリシーを管理する

メッセージング ポリシーは、Microsoft Teams のユーザー (所有者とメンバー) が使用できるチャットおよびチャネル メッセージング機能を制御するために使用されます。 自動的に作成されるグローバル (組織全体の既定値) ポリシーを使用するか、カスタム メッセージング ポリシーを作成して割り当てることができます。

カスタム ポリシーを作成して割り当てない限り、組織内のユーザーはグローバル ポリシーを自動的に取得します。 グローバル ポリシーの設定を編集するか、1 つ以上のカスタム ポリシーを作成して割り当てて、必要な機能を有効または無効にします。

注意

ポリシー変更後の同期を確実に行うために、特定のインスタンスで再起動が必要になる場合があります。

カスタム メッセージング ポリシーを作成する

  1. Microsoft Teams 管理センターの左側のナビゲーションで、[メッセージング ポリシー] に移動します。
  2. [追加] を選択します。
  3. ポリシーの名前と説明を入力します。
  4. 希望する設定を選びます。
  5. [保存] を選択します。

たとえば、送信されたメッセージが削除または変更されていないことを確認します。 "送信されたメッセージを保持する" という名前の新しいカスタム ポリシーを作成し、次の設定をオフにします。

  • 所有者が送信したメッセージを削除できます
  • ユーザーは送信済みメッセージを削除できます
  • ユーザーが送信したメッセージを編集できます

次に、ポリシーをユーザーに割り当てます。

メッセージング ポリシーを編集する

グローバル ポリシーおよび作成したカスタム ポリシーを編集できます。

  1. Microsoft Teams 管理センターの左側のナビゲーションで、[メッセージング ポリシー] に移動します。
  2. ポリシー名の左側をクリックしてポリシーを選び、[編集] を選択します。
  3. ここで、希望する変更を行います。
  4. [保存] を選択します。

カスタム メッセージング ポリシーをユーザーに割り当てる

個別に、または一括割り当て(ポリシーの種類でサポートされている場合)またはユーザーがメンバーになっているグループ(ポリシーの種類でサポートされている場合)を介して、ポリシーをユーザーに直接割り当てることができます。

ユーザーにポリシーを割り当てるさまざまな方法につきましては、「Teams でユーザーにポリシーを割り当てる」を参照してください。

ユーザーに割り当てることができるメッセージング ポリシーは一度に 1 つのみです。

注意

ユーザーが割り当てられているポリシーは削除できません。 影響を受けるすべてのユーザーにまず異なるポリシーを割り当ててから、元のポリシーを削除できます。

メッセージング ポリシー設定

構成できるメッセージング ポリシー設定を次に示します。

  • 所有者は送信されたメッセージを削除できます この設定を使用して、ユーザーが送信したチャネル メッセージまたは投稿を所有者が削除できるようにします。

  • 送信されたメッセージを削除する この設定を使用して、ユーザーがチャットで送信した個々のメッセージを削除できます。

  • チャットを削除する この設定を使用すると、ユーザーはチャット リストから会話全体を削除できます。 これにより、アクションを実行するユーザーのチャット コンテンツのみが削除されます。チャット内の他のユーザーは引き続きすべてのメッセージを表示できます。 チャットを削除したユーザーには、削除されたチャットのアクティビティ フィードまたは検索結果に既存のメッセージは表示されません。このユーザーは削除されたチャットからも削除されます。 ユーザーは、チャットを削除する決定を確認するように求められます。 この設定は既定でオンになっています。 この設定をオフにすると、ユーザーにチャットの削除オプションが表示されなくなります。

  • 送信されたメッセージを編集する ユーザーがチャットで送信したメッセージを編集するには、この設定を使用します。

  • 領収書の読み取り 開封確認メッセージを使用すると、1:1 で受信者がメッセージを読み取り、チャットを 20 人以下でグループ化したときに、チャット メッセージの送信者に通知を受け取ります。 メッセージ読み取りレシートは、メッセージが読み取られたかどうかに関する不確かさを取り除き、チームのコミュニケーションを向上させます。 電子情報開示レポートでは、開封確認はキャプチャされません。

    • ユーザーによる制御 これは、ユーザーが開封確認の有効/無効を設定できることを意味します。 このアプリでの既定の設定は有効です。 ユーザーは無効にできます。
    • すべてのユーザーに対してオンになっている これは、テナント内のすべてのユーザーが機能をオンにし、オフにするオプションがないことを意味します。 [すべてのユーザーに対してオン] 設定を使用する場合、テナント全体の受信確認を設定する唯一の方法は、テナント全体に対して 1 つのメッセージング ポリシー ("グローバル (組織全体の既定値)" という名前の既定のポリシー) を持つか、テナント内のすべてのメッセージング ポリシーで同じ設定を使用するようにすることです。 [すべてのユーザーに対して有効] が有効になっている場合に、開封確認機能が最大の効果を発揮します。
    • すべてのユーザーに対してオフになっている これは、機能が無効になっており、テナント内の誰も開封確認メッセージを持たず、オンにすることもできないことを意味します。
  • チャット 組織内のユーザーが Teams アプリを使用して他のユーザーとチャットできるようにする場合は、この設定をオンにします。

  • グループとチャットするユーザーは、配布グループ、メールが有効なセキュリティ グループ、Microsoft 365 グループとのチャットを開始できます。

  • 会話で Giphy を使用する Giphys を有効にすると、ユーザーは他のユーザーとのチャット会話に Giphys を含めることができます。 Giphy は、ユーザーがアニメーション GIF ファイルを検索および共有することができる、オンライン データベースおよび検索エンジンです。 各 Giphy にはコンテンツ評価が割り当てられています。 この設定を有効にするだけでなく、会話で Giphys を許可するには 、オプションの接続エクスペリエンス を有効にする必要があります。

  • Giphy コンテンツの評価

    • 制限なし ユーザーは、コンテンツの評価にかかわらず、チャットに任意の Giphy を挿入できます。
    • 中程 度 つまり、ユーザーはチャットに Giphys を挿入できますが、成人向けコンテンツから適度に制限されます。
    • 厳しい つまり、ユーザーはチャットに Giphys を挿入できますが、成人向けコンテンツから厳密に制限されます。
  • 会話のミーム ミームをオンにすると、他のユーザーとのチャット会話にミームを含めることができます。

  • 会話のステッカー これをオンにすると、ユーザーは他のユーザーとのチャット会話にステッカーを含めることができます。

  • URL プレビュー この設定を使用して、メッセージの自動 URL プレビューのオンとオフを切り替えます。

  • メッセージの翻訳この設定をオンにすると、ユーザーは Teams メッセージを、Microsoft 365 またはOffice 365の個人用言語設定で指定された言語に自動的に翻訳できるようになります。

  • メッセージのイマーシブ リーダーこの設定をオンにして、ユーザーがMicrosoft イマーシブ リーダーでメッセージを表示できるようにします。 イマーシブ リーダーは、テキストの読みやすさを向上させるための全画面閲覧エクスペリエンスを備えた学習ツールです。

  • 優先通知を使用して緊急メッセージを送信する これを有効にすると、ユーザーは 優先度の高い通知を使用してメッセージを送信できます。 優先度通知は、2 分ごとに 20 分間、または 緊急 とマークされたメッセージが受信者によって受け取られ、読み取るまでユーザーに通知します。 この機能により、メッセージがタイムリーに処理される可能性が高くなります。 緊急メッセージを送信した後は編集できません。

  • 音声メッセージを作成する

    大事な

    電子情報開示レポートでは、オーディオ メッセージはキャプチャされません。

    • チャットとチャネルで許可 ユーザーは音声メッセージをチャットとチャネルでそのままの状態にできます。
    • チャットでのみ許可 ユーザーは音声メッセージをチャットでそのままの状態にできますが、チャネルでは許可されません。
    • [無効] つまり、ユーザーはチャットやチャネルでオーディオ メッセージを作成できません。
  • モバイル デバイスで最近のチャットの上にお気に入りのチャネルを表示する この設定を有効にすると、お気に入りのチャネルがモバイル デバイスの上部に移動し、ユーザーはスクロールしないでも確認できます。

  • グループ チャットからユーザーを削除する この設定をオンにすると、ユーザーはグループ チャットから他のユーザーを削除できます。 この機能を使用すると、チャット履歴を失うことなく、グループ ユーザーの人数を減らしてチャットを続けることができます。

  • テキスト予測 ユーザーがチャット メッセージのテキスト予測を取得できるようにするには、この設定を有効にします。

  • 推奨される返信 チャット メッセージの返信候補を有効にするには、この設定をオンにします。

  • チャットアクセス許可ロール この設定を使用して、ユーザーの監視対象チャット ロールを定義します。 監視付きチャットの詳細をご覧ください。

  • フル チャットアクセス許可を持つユーザーは、任意のメッセージを削除できます フル アクセス許可を持つユーザーがグループまたは会議チャット メッセージを削除できるようにするには、この設定を使用します。

  • ビデオ メッセージ 組織内のユーザーが Teams アプリを使用してチャット内の他のユーザーにビデオ メッセージを送信できるようにする場合は、この設定をオンにします。

注意

Giphys を使用するなど、これらの設定の一部は、チーム所有者によってチーム レベルで構成することも、チャネル所有者がプライベートまたは共有チャネル レベルで構成することもできます。