保留中の音楽

Microsoft Teams ユーザーが着信通話を保留にすると、発信者は選択した音楽を聴くことができます。

再生される音楽は、Microsoft によって提供される既定の音楽か、アップロードして構成したカスタム音楽のいずれかです。 テナント管理者は、Teams 通話ポリシーを作成し、ポリシーを Teams ユーザーに割り当てることで、保留音を使用できるかどうかを構成します。

Microsoft Teams の通話シナリオで提供される既定の音楽には、organizationが支払う使用料は無料です。

発信者は、他のシナリオでも保留音を聞くことができます。 これは、クラウド通話キューを呼び出すとき、または通話が Microsoft Teams ユーザーによって駐車されている場合に発生する可能性があります。 これらのシナリオは、この記事で説明されている機能によってカバーまたは制御されません。

保留音を構成する

保留音を構成するには:

  1. Teams 管理センターの左側のナビゲーションで、[ 音声 > 通話ポリシー] に移動します。

  2. [ ポリシーの管理 ] タブで、既存のポリシーのいずれかを選択するか、新しいポリシーを作成します。

  3. [ PSTN 発信者の保留音 ] フィールドで、トグルから [オン ] を選択します。

  4. [保存] を選択します。

Teams PowerShell モジュールを使用して保留音を構成することもできます。 TeamsCallingPolicy で、MusicOnHoldEnabledType パラメーターを Enabled に変更し、そのポリシー インスタンスを 1 人以上のユーザーに付与します。

Teams ユーザーが保留音が無効に設定された Teams 通話ポリシーがある場合、Teams ユーザーが通話を保留にしたときに音楽は再生されません。

カスタム音楽を構成する

既定の音楽を呼び出し元に再生するだけでなく、音楽やその他のオーディオ コンテンツを含むカスタム オーディオ ファイルをアップロードし、そのオーディオ ファイルを呼び出し元に再生するように構成できます。 たとえば、部署やorganizationは、外部 PSTN 発信者が保留されているときに、カスタムアナウンスやカスタム音楽を再生したい場合があります。

構成は、通話保留ポリシーを使用して行われます。 通話保留ポリシー インスタンスごとに 1 つのオーディオ ファイルをアップロードでき、オーディオ ファイルが呼び出し元に繰り返し再生されます。 サポートされているオーディオ形式と最大ファイル サイズについては、「 Import-CsOnlineAudioFile」を参照してください。

注意

お客様は、Microsoft Teams サービスで音楽またはオーディオ ファイルを使用するために必要なすべての権利とアクセス許可を個別にクリアして保護する責任を負います。 これには、関連するすべての権利者からのオーディオファイル内の音楽、サウンドエフェクト、オーディオ、ブランド、名前、その他のコンテンツに関する知的財産権およびその他の権利が含まれる場合があります。 所有者は、アーティスト、俳優、パフォーマー、ミュージシャン、ソングライター、作曲家、レコードラベル、音楽出版社、組合、ギルド、権利協会、集合管理組織、および音楽著作権、音響効果、オーディオ、その他の知的財産権を所有、制御またはライセンスする他の当事者を含めることができます。

Teams 管理センターを使用する

Teams 管理センターを使用して、通話保留ポリシーを作成または編集することで、ユーザーのカスタム保留音楽を構成できます。

新しい通話保留ポリシーを構成するには:

  1. Teams 管理センターで、[ 音声>通話保留ポリシー] に移動します。

  2. [追加] タブを 選択 します。

  3. ポリシーに名前と説明を付けます。

  4. [ ファイルのアップロード] を選択して、カスタム音楽オーディオ ファイルをアップロードします。

  5. [適用] を選択します。

カスタム通話保留ポリシーをユーザーに割り当てる

個別に、または一括割り当て(ポリシーの種類でサポートされている場合)またはユーザーがメンバーになっているグループ(ポリシーの種類でサポートされている場合)を介して、ポリシーをユーザーに直接割り当てることができます。

ユーザーにポリシーを割り当てるさまざまな方法につきましては、「Teams でユーザーにポリシーを割り当てる」を参照してください。

PowerShell を使用する

保留時にカスタム音楽を構成するには、Teams PowerShell モジュール 3.0.0 以降で PowerShell コマンドレット New/Get/Set/Grant/Remove-CsTeamsCallHoldPolicy と Import/Get/Remove/Export-CsOnlineAudioFile を使用します。

サポートされているオーディオ形式と最大ファイル サイズについては、「Import-CsOnlineAudioFile」を参照してください。

  1. Teams ユーザーが Teams 通話ポリシーで [有効] に設定されている PSTN 発信者の保留音があることを確認します。

  2. カスタム オーディオ ファイルをアップロードします。

  3. カスタム オーディオ ファイルを参照する Teams 通話保留ポリシーを作成し、Teams ユーザーに割り当てます。

カスタム オーディオ ファイルをアップロードする

カスタムの保留音の構成は、オーディオ ファイルのアップロードから始まります。 この目的には、PowerShell コマンドレット Import-CsOnlineAudioFile を使用します。

Windows PowerShell 5.1 を使用して MP3 オーディオ ファイルをアップロードする例を次に示します。 その他の例については、「 Import-CsOnlineAudioFile」を参照してください。

C:\> $content = [System.IO.File]::ReadAllBytes('C:\tmp\customMoH1.mp3')
C:\> $AudioFile = Import-CsOnlineAudioFile -FileName "customMoH1.mp3" -Content $content
C:\> $AudioFile
Id            : 56a56961f2794f098a359885ec1454a1
FileName      : customMoH1.mp3
ApplicationId : TenantGlobal

Teams 通話保留ポリシーでオーディオ ファイルを参照する

オーディオ ファイルをアップロードした後、Teams 通話保留ポリシーを作成または設定するときにファイルの ID を使用して、Teams 通話保留ポリシー内のファイルを参照する必要があります。 次に例を示します。

C:\> New-CsTeamsCallHoldPolicy -Identity "CustomMoH1" -Description "Custom MoH using CustomMoH1.mp3" -AudioFileId $AudioFile.Id

新しい Teams 通話保留ポリシーを作成した後、次のように Grant-CsTeamsCallHoldPolicy を使用してユーザーに付与できます。

C:\> Grant-CsTeamsCallHoldPolicy -PolicyName "CustomMoH1" -Identity user1@contoso.com

アップロードしたオーディオ ファイルに関する情報を取得するには、Get-CsOnlineAudioFile コマンドレットを使用します。

アップロードしたオーディオ ファイルを削除するには、Remove-CsOnlineAudioFile コマンドレットを使用します。 オーディオ ファイルを削除する前に、TeamsCallHoldPolicy でそのオーディオ ファイルを使用していないことをチェックします。

アップロードしたオーディオ ファイルをエクスポートするには、Export-CsOnlineAudioFile コマンドレットを使用します。

機能の可用性

次の表は、保留音とカスタム保留音楽をサポートするクライアントとデバイスの機能を示しています。 Microsoft は引き続き機能サポートを追加するため、チェック多くの場合は、追加の可用性のために戻ります。

機能 デスクトップ
Windows/Mac OS
ブラウザー モバイル
iOS
モバイル
Android
Teams Phone
1:1 PSTN 通話を保留する -保留音
-Custom Music On Hold
-保留音
-Custom Music On Hold
-保留音
-Custom Music On Hold
-保留音
-Custom Music On Hold
-保留音
-Custom Music On Hold
1:1 Teams 通話を保留する -保留音
-Custom Music On Hold
-保留音
-Custom Music On Hold
-保留音
-Custom Music On Hold
-保留音
-Custom Music On Hold
-保留音
-Custom Music On Hold
1:1 PSTN 通話で転送を保留する -保留音
-Custom Music On Hold
-保留音
-Custom Music On Hold
-保留音
-Custom Music On Hold
-保留音
-Custom Music On Hold
-保留音
-Custom Music On Hold
1:1 Teams 通話で転送を保留する -保留音
-Custom Music On Hold
-保留音
-Custom Music On Hold
-保留音
-Custom Music On Hold
-保留音
-Custom Music On Hold
-保留音
-Custom Music On Hold
1:1 PSTN 通話でコンサルティング転送を保留する -保留音
-Custom Music On Hold
-保留音
-Custom Music On Hold
-保留音
-Custom Music On Hold
-保留音
-Custom Music On Hold
1:1 Teams 通話でコンサルティング転送を保留する -保留音
-Custom Music On Hold
-保留音
-Custom Music On Hold
-保留音
-Custom Music On Hold
-保留音
-Custom Music On Hold

制限

  • 保留音は、ユーザーが TeamsOnly モードの場合にのみ使用できます。

  • 呼び出された Teams ユーザーが Location-Based ルーティングに対して有効になっている場合、標準の保留音のみが呼び出し元に再生されます。

  • 共有回線の外観 (委任) とコール パークを使用するように構成されたユーザーは、保留時のカスタム音楽を使用できません。 標準の保留音楽が再生されます。

  • 一部のシナリオでは、ダイレクト ルーティング メディア バイパス呼び出しは、保留時に音楽を再生するために非メディア バイパスに変換され、通話が終了するまで通話は非メディア バイパスとして保持されます。