Share via


Excel でエラー トレース矢印を削除することはできません

現象

Microsoft Excel の 空のセルルールを参照する数式 で見つかったエラーを修正すると、[空のセルのトレース] 矢印が、予期したとおりに消える代わりに [トレースの優先順位] 矢印に変わります。

原因

この動作の例については、次の手順に従います。

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

    注:

    Microsoft Office Excel 2007 を使用する場合は、[ Microsoft Office] ボタンをクリックし、[ Excel のオプション] をクリックし、[ 数式] をクリックします。

  2. [エラー チェック] タブまたは [エラー チェック ルール] 領域で、[空のセルを参照する数式] チェックボックスがオンになっていることを確認します。

  3. [OK] をクリックします。

  4. 新しいブックで、セル A1 に「=B1」と入力します。

  5. セル A1 を選択し、[エラー チェック] ボタンをクリックします。

  6. [空のセルをトレース] をクリックします。

  7. 赤い [空のセルのトレース] 矢印が表示されます。

  8. セル B1 に「1」と入力します。

  9. [空のセルのトレース] 矢印が青色の [トレースの優先順位] 矢印になります。

解決方法

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  • Excel 2007 を使用する場合は、次の手順に従います。

    1. 矢印が指しているセルを選択します。
    2. [数式] タブ、[数式の監査] グループの [すべての矢印の削除] をクリックし、[参照矢印の削除] をクリックします。
  • Microsoft Office Excel 2003 または Microsoft Excel 2002 を使用する場合は、次の手順に従います。

    1. 矢印が指しているセルを選択します。
    2. [ ツール ] メニューの [ 数式の監査] をポイントし、[ 数式監査ツール バーの表示] をクリックします。
    3. [ 数式の監査 ] ツール バーで、[ 参照矢印の削除] をクリックします。

回避策

この問題を回避し、矢印が消えるようにするには、次の例のように、エラーを修正した後にエラーを含むセルを再計算します。

  1. 新しいワークシートのセル A1 に、数式 =A2 を入力します。

    セル A1 にエラー インジケーターが表示されます。

  2. セル A1 を選択します。

    セル A1 の右側に [エラー チェック] ボタンが表示されます。

  3. A1 の横にある [エラー チェック] ボタンをクリックします。

  4. [空のセルをトレース] をクリックします。

    セル B2 を指す赤い [空のセルのトレース] 矢印が表示されます。

  5. セル B2 に「1」と入力します。

    エラー インジケーターはセル A1 から消え、矢印は青いトレースの優先順位矢印に変わります。

  6. セル A1 をクリックします。

  7. F2 キーを押します。

  8. Enter キーを押して再計算します。

    矢印が消えます。