PowerPoint プレゼンテーションがビデオとして保存された後に見つからないサウンド

現象

Microsoft PowerPoint 2010プレゼンテーションをビデオとして保存すると、プレゼンテーションで使用されていたスライドの切り替えサウンドが見つかりません。 ビデオを表示すると、スライドの切り替え音はありません。

回避策

このスライド切り替えサウンドの問題を回避するには、切り替えサウンドを削除し、スライドにサウンドを直接追加します。 その後、スライド間で再生するようにサウンドを設定し、スライドが次のスライドに切り替える直前にトリガーされます。

注:

この回避策は、プレゼンテーションでスライドのタイミングを使用して次のスライドに進む場合にのみ機能します。

  1. PowerPoint 2010 でプレゼンテーションを開きます。

  2. 切り替えサウンドを含むスライドを見つけます。 [ 切り替え ] タブで、[ サウンドの切り替え ] を [サウンドなし] に設定します。

  3. [ スライドの進み] で、[ 自動後 ] ボックスにスライドの継続時間をメモします。

  4. [ 挿入 ] タブの [ メディア クリップ ] グループの [ サウンド] で、[ ファイルからのサウンド ] または [ クリップ オーガナイザーからのサウンド] をクリックします。

  5. スライドの切り替え全体に再生するサウンドを挿入します。

  6. メッセージが表示されたら、[ 自動的に] をクリックします。

  7. [サウンド ツール] の [オプション] タブをクリックします。

  8. [ サウンド オプション] グループで、[ 表示中に非表示] チェック ボックスをオンにします。

  9. [アニメーション] タブ [ アニメーション ] グループで、[ カスタム アニメーション] をクリックします。

  10. [カスタム アニメーション] ウィンドウで、アニメーションの一覧に表示されているサウンド ファイルを右クリックし、[タイミング] をクリックします。

  11. [開始] ドロップダウン リストを [前の後] に設定します。

  12. [遅延] フィールドに、スライドの継続時間から 1 秒を引いた値を入力します。 手順 3 でスライドの継続時間を確認しました。 たとえば、スライドが 40 秒後に進む場合は、[ 遅延] の値を 39 秒に設定します。

  13. [OK] をクリックします。

  14. 切り替えサウンドを持つスライドの切り替えごとに、手順 2 ~ 13 を繰り返します。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。