ObjectFrame.OLETypeAllowed プロパティ (Access)

OLETypeAllowed プロパティを使用 して、コントロールに含まれる OLE オブジェクトの種類を指定します。 読み取り/書き込みの バイト です。

構文

OLETypeAllowed

ObjectFrame オブジェクトを表す変数。

注釈

"OLETypeAllowed/作成可能 OLE" プロパティの設定値は次のとおりです。

設定 定数 説明
[Linked/リンク] acOLELinked コントロールにはリンク オブジェクトのみ保存できます。
[Embedded/埋め込み] acOLEEmbedded コントロールには、埋め込みオブジェクトのみ保存できます。
[Either/リンク/埋め込み] acOLEEither コントロールにはリンク オブジェクトまたは埋め込みオブジェクトを保存できます。(既定値)

注意

非バウンド オブジェクト フレームとグラフの場合、オブジェクトの作成後に OLETypeAllowed 設定を変更することはできません。 連結オブジェクト フレームに対しては、オブジェクトが作成された後も設定値を変更できます。 " OLETypeAllowed /作成可能 OLE" プロパティの設定値を変更すると、コントロールに追加された新規オブジェクトにのみ反映されます。

コントロールに既に保存されている OLE オブジェクトの種類を調べるには、" OLEType /OLE タイプ" プロパティを使います。

次の使用例は 、OLE1 という名前の非連結オブジェクト フレームを使用してリンクされた OLE オブジェクトを作成し、ユーザーがコマンド ボタンを選択するときにオブジェクトの内容全体を表示するコントロールのサイズを設定します。

Sub Command1_Click 
 OLE1.Class = "Excel.Sheet" ' Set class name. 
 ' Specify type of object. 
 OLE1.OLETypeAllowed = acOLELinked 
 ' Specify source file. 
 OLE1.SourceDoc = "C:\Excel\Oletext.xls" 
 ' Specify data to create link to. 
 OLE1.SourceItem = "R1C1:R5C5" 
 ' Create linked object. 
 OLE1.Action = acOLECreateLink 
 ' Adjust control size. 
 OLE1.SizeMode = acOLESizeZoom 
End Sub

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。