AllowEditRange オブジェクト (Excel)

保護されたワークシートで編集できるセルを表します。

注釈

AllowEditRanges コレクションの Add メソッドまたは Item プロパティを使用して、AllowEditRange オブジェクトを取得します。

AllowEditRange オブジェクトが返されたら、ChangePassword メソッドを使用してパスワードを変更して、保護されたワークシートで編集できる範囲にアクセスできます。

この例では、作業中のワークシートの範囲 "A1:A4" を編集し、ユーザーに通知してから、指定した範囲のパスワードを変更し、この変更をユーザーに通知します。

Sub UseChangePassword() 
 
 Dim wksOne As Worksheet 
 Dim wksPassword As String 
 
 Set wksOne = Application.ActiveSheet 
 
 wksPassword = InputBox ("Enter password for the worksheet") 
 
 ' Establish a range that can allow edits 
 ' on the protected worksheet. 
 wksOne.Protection.AllowEditRanges.Add _ 
 Title:="Classified", _ 
 Range:=Range("A1:A4"), _ 
 Password:=wksPassword 
 
 MsgBox "Cells A1 to A4 can be edited on the protected worksheet." 
 
 ' Change the password. 
 
 wksPassword = InputBox ("Enter the new password for the worksheet") 
 
 wksOne.Protection.AllowEditRanges(1).ChangePassword _ 
 Password:=wksPassword 
 
 MsgBox "The password for these cells has been changed." 
 
End Sub

メソッド

プロパティ

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。