Application.Run メソッド (Excel)

マクロを実行または関数を呼び出します。 この構文では、Visual Basic、または Excel マクロ言語で書かれたマクロ、あるいは、DLL や XLL に含まれる関数が実行できます。

構文

Run (Macro, Arg1, Arg2, Arg3, Arg4, Arg5, Arg6, Arg7, Arg8, Arg10, Arg11, Arg11, Arg12, Arg13, Arg14, Arg15, Arg16, Arg16, Arg17, Arg18, Arg20, Arg21, Arg22, Arg23, Arg24, Arg25, Arg26,Arg27, Arg28, Arg29, Arg30)

expression Application オブジェクトを 表す変数。

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
Macro 省略可能 Variant 実行するマクロを指定します。

マクロ名を持つ文字列、関数の場所を示す Range オブジェクト、または登録済み DLL (XLL) 関数のレジスタ ID を指定できます。

マクロ名を示す文字列を指定すると、アクティブ シートの状態に応じて評価されます。
Arg1Arg30 省略可能 Variant 関数に渡す引数を指定します。

戻り値

バリアント型

注釈

このメソッドでは名前付きの引数は使用できません。 引数には、位置のパスで必ず指定してください。

Run メソッドは、呼び出し先マクロが返す内容を返します。

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。