Share via


Areas オブジェクト (Excel)

選択範囲内にある領域 (隣接しているセルのブロック) のコレクションです。

注釈

単数の Area オブジェクトはありません。 Areas コレクションの個々のメンバーは Range オブジェクトです。 Areas コレクションには、選択範囲内のセルの個別の連続した範囲ごとに 1 つの Range オブジェクトが含まれています。 選択範囲に含まれる領域が 1 つだけの場合、 Areas コレクションには、その選択範囲に対応する 1 つの Range オブジェクトが含まれます。

Range オブジェクトの Areas プロパティを使用して、Areas コレクションを取得します。 次の使用例は、選択範囲に複数の領域がある場合は、その選択範囲をクリアします。

If Selection.Areas.Count <> 1 Then Selection.Clear

コレクションから単一の Range オブジェクトを返すには、Area (index) を使用します。index は領域インデックス番号です。 インデックス番号は、領域が選択された順序に対応します。 次の例では、選択範囲に複数の領域が含まれている場合、現在の選択範囲の最初の領域をクリアします。

If Selection.Areas.Count <> 1 Then 
 Selection.Areas(1).Clear 
End If

一部の操作は、同時に選択した複数の領域に対して実行できません。選択範囲の個々の領域をループし、各領域に対して操作を個別に実行する必要があります。 次の例では、選択範囲に 1 つの領域のみが含まれている場合、選択した範囲に対して myOperation という名前の操作を実行します。選択範囲に複数の領域が含まれている場合、この例では、選択範囲の個々の領域に対して myOperation を実行します。

Set rangeToUse = Selection 
If rangeToUse.Areas.Count = 1 Then 
 myOperation rangeToUse 
Else 
 For Each singleArea in rangeToUse.Areas 
 myOperation singleArea 
 Next 
End If

プロパティ

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。