Share via


FormatColor オブジェクト (Excel)

カラー スケールの条件付き書式のしきい値またはデータ バーの条件付き書式のバーの色に指定された塗りつぶし色を表します。

注釈

Color プロパティで RGB 値を渡すことで色を選択するか、ThemeColor プロパティを使用してテーマ カラー パレットにインデックスを付けて色を指定できます。

次のコード例は、数値の範囲を作成し、2 色スケールの条件付き書式ルールをその範囲に適用します。 その後、 ColorScaleCriteria コレクションにインデックスを作成して個々の条件を設定することで、最小しきい値の色が赤に割り当てられ、最大しきい値が青に割り当てられます。

Sub CreateColorScaleCF() 
 
 Dim cfColorScale As ColorScale 
 
 'Fill cells with sample data from 1 to 10 
 With ActiveSheet 
 .Range("C1") = 1 
 .Range("C2") = 2 
 .Range("C1:C2").AutoFill Destination:=Range("C1:C10") 
 End With 
 
 Range("C1:C10").Select 
 
 'Create a two-color ColorScale object for the created sample data range 
 Set cfColorScale = Selection.FormatConditions.AddColorScale(ColorScaleType:=2) 
 
 'Set the minimum threshold to red and maximum threshold to blue 
 cfColorScale.ColorScaleCriteria(1).FormatColor.Color = RGB(255, 0, 0) 
 cfColorScale.ColorScaleCriteria(2).FormatColor.Color = RGB(0, 0, 255) 
 
End Sub

プロパティ

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。