Share via


Protection.AllowEditRanges プロパティ (Excel)

AllowEditRanges オブジェクトを返します。

構文

AllowEditRanges

Protection オブジェクトを表す変数。

次の使用例は、アクティブ ワークシートの範囲 A1:A4 の編集ができるようにして、指定された範囲のタイトルとアドレスを表示します。

Sub UseAllowEditRanges() 
 
 Dim wksOne As Worksheet 
 Dim strPwd1 As String 
 
 Set wksOne = Application.ActiveSheet 
 
 strPwd1 = InputBox("Enter Password") 
 
 ' Unprotect worksheet. 
 wksOne.Unprotect 
 
 ' Establish a range that can allow edits 
 ' on the protected worksheet. 
 wksOne.Protection.AllowEditRanges.Add _ 
 Title:="Classified", _ 
 Range:=Range("A1:A4"), _ 
 Password:=strPwd1 
 
 ' Notify the user 
 ' the title and address of the range. 
 With wksOne.Protection.AllowEditRanges.Item(1) 
 MsgBox "Title of range: " & .Title 
 MsgBox "Address of range: " & .Range.Address 
 End With 
 
End Sub

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。