Share via


Range.ColumnDifferences メソッド (Excel)

オブジェクトを返すメソッドです。対象セル範囲内のセルと各列の比較セルで、内容の異なるすべてのセル (Range オブジェクト) を返します。

構文

ColumnDifferences (比較)

expressionRange オブジェクトを表す変数です。

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
比較 必須 バリアント型 (Variant) 指定したセルと比較する単一セルを指定します。

戻り値

範囲

次の使用例は、シート 1 の列 A のセルのうち、セル A4 とは内容が異なるセルを選択します。

Sub CompDiff() 
'Setting up data to be compared 
 Range("A1").Value = "Rod" 
 Range("A2").Value = "Bill" 
 Range("A3").Value = "John" 
 Range("A4").Value = "Rod" 
 Range("A5").Value = "Kelly" 
 Range("A6").Value = "Rod" 
 Range("A7").Value = "Paddy" 
 Range("A8").Value = "Rod" 
 Range("A9").Value = "Rod" 
 Range("A10").Value = "Rod" 
 
'Code to do the comparison, selects the values that are unlike A1 
Worksheets("Sheet1").Activate 
Set r1 = ActiveSheet.Columns("A").ColumnDifferences( _ 
 Comparison:=ActiveSheet.Range("A1")) 
r1.Select 
End Sub

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。