Share via


Range.DataSeries メソッド (Excel)

指定されたセル範囲に連続データを作成します。 バリアント型 ( Variant ) の値を使用します。

構文

DataSeries (RowcolTypeDateStepStopTrend)

expressionRange オブジェクトを表す変数です。

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
Rowcol 省略可能 バリアント型 xlRows 定数または xlColumns 定数を使用して、データ系列をそれぞれ行または列に入力できます。 この引数を省略すると、範囲のサイズと図形が使用されます。
Type 省略可能 XlDataSeriesType 連続データの種類を指定します。
Date 省略可能 XlDataSeriesDate Type 引数が xlChronological の場合、Date 引数はステップの日付単位を示します。
手順 省略可能 バリアント型 (Variant) 連続データの増分値です。 既定値は 1 です。
Stop 省略可能 バリアント型 (Variant) 連続データの停止値です。 この引数を省略すると、対象セル範囲の終端まで繰り返されます。
Trend 省略可能 バリアント型 (Variant) 対象セル範囲に入力されている値を直線 (加算) または指数曲線 (乗算) に当てはめて予測した結果で残りのセル範囲を埋めるには、 True を指定します。 標準の連続データを作成するには、 False を指定します。 既定値は False です。

戻り値

バリアント型

次の使用例は、シート 1 のセル範囲 A1:A12 に 12 個の日付から成るデータ系列を作成します。 各日付は、1996 年の各月の月末の日付になります。

Set dateRange = Worksheets("Sheet1").Range("A1:A12") 
Worksheets("Sheet1").Range("A1").Formula = "31-JAN-1996" 
dateRange.DataSeries Type:=xlChronological, Date:=xlMonth

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。