Share via


Range.ShowErrors メソッド (Excel)

アクティブ セルが直接的または間接的に参照するセル (参照元) で、エラーの原因となる参照元セルから参照先セルに対してトレース矢印を引きます。エラーの原因となる 1 つまたは複数の参照元セルで構成される範囲を返します。

構文

ShowErrors

expressionRange オブジェクトを表す変数です。

戻り値

バリアント型

次の使用例は、シート 1 のアクティブ セルにエラーがあるときに、赤のトレース矢印を表示します。

Worksheets("Sheet1").Activate 
If IsError(ActiveCell.Value) Then 
 ActiveCell.ShowErrors 
End If

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。