Share via


Range.Value2 プロパティ (Excel)

セルの値を返すか設定します。 値の取得と設定が可能なバリアント型 (Variant) の値です。

構文

Value2

expressionRange オブジェクトを表す変数です。

注釈

このプロパティと Value プロパティの唯一の違いは、 Value2 プロパティで Currency データ型と Date データ型が使用されない点です。 倍精度浮動小数点型 (Double) を使用することにより、これらの 2 種類のデータ型の値を浮動小数点数として返すことができます。

次の使用例は、Value2 プロパティを使用して 2 つのセルの値を加算します。

Range("a1").Value2 = Range("b1").Value2 + Range("c1").Value2

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。