Share via


Window.PointsToScreenPixelsX メソッド (Excel)

水平方向の測定値を ポイント (ドキュメント座標) から画面ピクセル (画面座標) に変換します。 変換された値を長整数型 (Long) の値で返します。

構文

PointsToScreenPixelsX (Points)

Window オブジェクトを表す変数。

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
Points 必須 長整数型 変換する横方向の長さを、ドキュメント ウィンドウの左端を基点としたポイント単位の値で指定します。

戻り値

Long

次の使用例は、アクティブ ウィンドウで選択したセルの高さと幅 (ピクセル単位) を決定し、 変数と lWinHeight 変数の値をlWinWidth返します。

With ActiveWindow 
 lWinWidth = _ 
 .PointsToScreenPixelsX(.Selection.Width) 
 lWinHeight = _ 
 .PointsToScreenPixelsY(.Selection.Height) 
End With

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。