Share via


WorkbookConnection オブジェクト (Excel)

接続とは、Microsoft Excel ブック以外の外部データ ソースからデータを取得するために必要な情報のセットです。

注釈

Excel ブックに接続を格納する

接続は、Excel ブックに保存できます。 ブックを開くと、接続オブジェクトと呼ばれる接続のメモリ内コピーが作成されます。 接続オブジェクトには、サーバー名やそのサーバー上で開くオブジェクトの名前などの情報が含まれています。

必要に応じて、接続オブジェクトには、認証資格情報や、サーバーに渡されて実行されるコマンド (たとえば、SQL Serverによって実行される SELECT ステートメント) も含めることができます。

注:

接続の正確な形式は、データの取得に使用されているメカニズムによって異なります。ODBC 接続、OLEDB 接続、および Web クエリには、さまざまな情報が含まれます。

接続ファイルに接続を格納する

A connection may also be stored in a separate connection file. Most connections in an Excel workbook include a pointer to an external connection file. 接続ファイルには、接続ファイル (* として明確にラベル付けする拡張子があります。Odc*。IQY など)は、ユーザーのローカル コンピューター、または WSS (データ接続ライブラリ) などの他の既知または信頼できる場所、またはその他の企業サーバーに配置される場合があります。

接続ファイルによって、同じ組織の複数のユーザーが接続を再使用できます。 ネットワーク管理者は接続ファイルを 1 つ変えるだけで、組織全体がバックエンド データ ソースに接続する方法を変更できます。 接続ファイルは、外部データ ソースへの接続時に必ずしも必要ではありません。

接続を識別する

接続名は、使用されるブック内の接続を特定する文字列です。 その他の一意ではない接続のプロパティもあります。 Excel の数式が接続である引数を受け取る場合は、その接続の名前を直接 (文字列として) 参照するか、(接続文字列を含むセルを文字列として参照して) 間接的に参照するだけで十分です。

メソッド

プロパティ

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。