Share via


Worksheets.Add メソッド (Excel)

新しいワークシート、グラフ シート、またはマクロ シートを作成します。 新しいワークシートがアクティブ シートになります。

構文

Add (BeforeAfterCountType)

Worksheets オブジェクトを表す変数。

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
Before 省略可能 バリアント型 (Variant) 指定したオブジェクトのシートの直前に、新しいグラフ シートを追加します。
After 省略可能 バリアント型 (Variant) 指定したオブジェクトのシートの直後に、新しいグラフ シートを追加します。
Count 省略可能 バリアント型 (Variant) 追加するシートの数を指定します。 既定値は 1 です。
Type 省略可能 バリアント型 (Variant) ワークシートの種類を指定します。 XlSheetType クラスの定数は、xlWorksheet、xlChartxlExcel4MacroSheetxlExcel4IntlMacroSheet のいずれかです。 既存のテンプレートに基づいたシートを挿入する場合は、そのテンプレートのパスを指定します。 既定値は xlWorksheet です。

戻り値

新しいワークシート、グラフ、またはマクロ シートを表すオブジェクト値。

解説

引数 Before と引数 After を共に省略すると、作業中のシートの直前に新しいシートが追加されます。

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。