FileDialog.AllowMultiSelect プロパティ (Office)

ユーザーがファイルのダイアログ ボックスから複数のファイルを選択できる場合は True です。 値の取得と設定が可能です。

構文

AllowMultiSelect

expression FileDialog オブジェクトを表す変数を指定します。

解説

このプロパティは、[参照] (フォルダー参照) または [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスには影響しません。これらのダイアログ ボックスでは複数のファイルを選択することはありません。

次の使用例は、FileDialog オブジェクトを使用して [ファイル ピッカー] ダイアログ ボックスを表示し、選択された各ファイルをメッセージ ボックスに表示します。

Sub Main() 
 
 'Declare a variable as a FileDialog object. 
 Dim fd As FileDialog 
 
 'Create a FileDialog object as a File Picker dialog box. 
 Set fd = Application.FileDialog(msoFileDialogFilePicker) 
 
 'Declare a variable to contain the path 
 'of each selected item. Even though the path is aString, 
 'the variable must be a Variant because For Each...Next 
 'routines only work with Variants and Objects. 
 Dim vrtSelectedItem As Variant 
 
 'Use a With...End With block to reference the FileDialog object. 
 With fd 
 
 'Allow the selection of multiple files. 
 .AllowMultiSelect = True 
 
 'Use the Show method to display the file picker dialog and return the user's action. 
 'If the user presses the button... 
 If .Show = -1 Then 
 
 'Step through each string in the FileDialogSelectedItems collection. 
 For Each vrtSelectedItem In .SelectedItems 
 
 'vrtSelectedItem is aString that contains the path of each selected item. 
 'Use any file I/O functions that you want to work with this path. 
 'This example displays the path in a message box. 
 MsgBox "Selected item's path: " & vrtSelectedItem 
 
 Next 
 'If the user presses Cancel... 
 Else 
 End If 
 End With 
 
 'Set the object variable to Nothing. 
 Set fd = Nothing 
 
End Sub

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。