FileDialog.Show メソッド (Office)

[ファイル] ダイアログ ボックスを表示し、ユーザーが [アクション] ボタン (-1) を押したのか、または [キャンセル] ボタン (0) 押したのかを示す 長整数型 (Long) の値を返します。  Show メソッドを呼び出すと、ユーザーが [ファイル] ダイアログ ボックスを閉じるまでコードの実行は致停止します。 [開く] と [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスの場合、ユーザーのアクションを実行するには Show メソッドの直後に Execute メソッドを使用します。

構文

expression.Show

expression 必須。 FileDialog オブジェクトを表す変数を指定します。

次の使用例は、FileDialog オブジェクトを使用して [ファイル ピッカー] ダイアログ ボックスを表示し、選択された各ファイルをメッセージ ボックスに表示します。

Sub Main() 
 
 'Declare a variable as a FileDialog object. 
 Dim fd As FileDialog 
 
 'Create a FileDialog object as a File Picker dialog box. 
 Set fd = Application.FileDialog(msoFileDialogFilePicker) 
 
 'Declare a variable to contain the path 
 'of each selected item. Even though the path is aString, 
 'the variable must be a Variant because For Each...Next 
 'routines only work with Variants and Objects. 
 Dim vrtSelectedItem As Variant 
 
 'Use a With...End With block to reference the FileDialog object. 
 With fd 
 
 'Use the Show method to display the File Picker dialog box and return the user's action. 
 'The user pressed the button. 
 If .Show = -1 Then 
 
 'Step through each string in the FileDialogSelectedItems collection. 
 For Each vrtSelectedItem In .SelectedItems 
 
 'vrtSelectedItem is a string that contains the path of each selected item. 
 'Use any file I/O functions that you want to work with this path. 
 'This example displays the path in a message box. 
 MsgBox "The path is: " & vrtSelectedItem 
 
 Next vrtSelectedItem 
 'The user pressed Cancel. 
 Else 
 End If 
 End With 
 
 'Set the object variable to nothing. 
 Set fd = Nothing 
 
End Sub

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。