Share via


Find.Execute メソッド (Word)

指定された実行は、操作を検索します。 検索が正しく実行できた場合、True を返します。 Boolean 値です。

構文

Execute (FindTextMatchCaseMatchWholeWordMatchWildcardsMatchSoundsLikeMatchAllWordFormsForwardWrapFormatReplaceWithReplaceMatchKashidaMatchDiacriticsMatchAlefHamzaMatchControl)

expression 必須です。 Find オブジェクトを表す変数です。

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
FindText 省略可能 バリアント型 (Variant) 検索する文字列を指定します。 書式だけを検索する場合は、空文字列 ("") を指定します。 適切な文字コードを指定すると、特殊文字を検索できます。 たとえば、"^p" は段落記号に対応し、"^t" はタブ文字に対応しています。
MatchCase 省略可能 バリアント型 (Variant) True 検索文字列が大文字小文字を区別することを指定します。 [検索と置換] ダイアログ ボックス ([編集] メニュー) の [大文字と小文字を区別する] チェック ボックスに相当します。
MatchWholeWord 省略可能 バリアント型 (Variant) 検索操作で、長い単語の一部のテキストではなく、単語全体のみ検索する場合は True を指定します。 [検索と置換] ダイアログ ボックスの [完全に一致する単語だけを検索する] チェック ボックスに相当します。
MatchWildcards 省略可能 バリアント型 (Variant) True の テキストを検索するには特殊な検索演算子であります。 [検索し、置換] ダイアログ ボックスで ワイルドカードを使用する] チェック ボックスに対応しています。
MatchSoundsLike 省略可能 バリアント型 (Variant) True を指定 して、検索対象と類似した単語、検索文字列にします。 [検索し、置換] ダイアログ ボックスで [ あいまい検索] チェック ボックスに対応します。
MatchAllWordForms 省略可能 バリアント型 (Variant) 場合は true 検索対象とし、検索文字列のすべてのフォーム (たとえば、「配置」を検索「座って」と"sat")。 [検索し、置換] ダイアログ ボックスで [ すべての単語の活用形を検索する] チェック ボックスに対応します。
Forward 省略可能 バリアント型 (Variant) True (ドキュメントの末尾) に向かって上方向へ検索します。
Wrap 省略可能 バリアント型 (Variant) 文書の先頭以外の位置から検索を開始し、文書の末尾に到達した場合の動作を制御します (転送が False に設定されている場合はその逆)。 この引数は、選択範囲または選択範囲または範囲内の範囲と検索テキストが見つかりません場合も制御します。 WdFindWrap クラスの定数の 1 つを指定できます。
Format オプション Variant 検索操作で、文字列の検索に加えまた文字列の検索の代わりに書式を検索する場合は True を指定します。
ReplaceWith 省略可能 バリアント型 (Variant) 置換文字列を指定します。 引数 Find によって指定された文字列を削除するには、空文字列 ("") を使用します。 引数 Find と同じように、特殊文字や高度な検索条件を指定できます。 グラフィック オブジェクトまたはその他の文字列以外の項目を置換文字列として指定するには、クリップボードにコピーし、引数 ReplaceWith に "^c" を指定します。
Replace 省略可能 Variant 置換する文字列の個数 (1 つだけ、すべて、または置換しない) を指定します。 任意の WdReplace 定数を指定できます。
MatchKashida 省略可能 バリアント型 (Variant) True の場合は検索操作では、アラビア語のドキュメントでの kashida のテキストを区別します。 この引数は、選択またはインストールされている言語サポート (たとえば、日本語) によっては使用できない場合があります。
MatchDiacritics 省略可能 バリアント型 (Variant) True の場合は検索操作では、右から左への言語の文書内には、発音区別符号が一致するテキストを区別します。 この引数は、選択またはインストールされている言語サポート (たとえば、日本語) によっては使用できない場合があります。
MatchAlefHamza 省略可能 バリアント型 (Variant) True の場合は検索操作では、alef hamza をアラビア語の文書内の一致するテキストを区別します。 この引数は、選択またはインストールされている言語サポート (たとえば、日本語) によっては使用できない場合があります。
MatchControl 省略可能 バリアント型 (Variant) True の場合は検索操作では、右から左への言語の文書で双方向制御文字が一致するテキストを区別します。 この引数は、選択またはインストールしている言語の設定 (たとえば、日本語) によっては、使用できない場合があります。
MatchPrefix 省略可能 バリアント型 (Variant) True 検索文字列で始まる単語に一致します。 [検索し、置換] ダイアログ ボックスの [ 接頭辞に一致] チェック ボックスに対応します。
MatchSuffix 省略可能 バリアント型 (Variant) True 検索文字列で終わる単語に一致します。 [検索し、置換] ダイアログ ボックスの [ 接尾辞に一致する] チェック ボックスに対応します。
MatchPhrase 省略可能 バリアント型 (Variant) True を設定すると、単語間のすべての空白文字および制御文字が無視されます。
IgnoreSpace 省略可能 バリアント型 (Variant) True では、単語間の空白はすべて無視されます。 [検索し、置換] ダイアログ ボックスで [ 空白文字を無視] チェック ボックスに対応します。
IgnorePunct 省略可能 バリアント型 (Variant) True は、単語間のすべての区切り記号を無視します。 [検索と置換] ダイアログ ボックスの [ワイルドカードを使用する] チェック ボックスに相当します。

戻り値

Boolean

注釈

MatchWildcardsTrue に設定されている場合、引数 FindText にワイルドカード文字やその他の高度な検索条件を指定できます。 たとえば、"*(ing)" を指定すると、最後が "ing" で終わる単語がすべて検索されます。

記号を検索するには、キャレット (^)、ゼロ (0)、および記号の文字コードを入力します。 たとえば、"^0151" は全角ダッシュ (?) に対応します。

他の方法で指定しない限り、置換文字列は置換前の文字列の書式を文書内で継承します。 たとえば、文字列 "abc" を "xyz" に置換する場合、文字列 "abc" に太字の書式が設定されていると、文字列 "xyz" にも太字の書式が設定されて置換されます。

また、引数 MatchCaseFalse を設定した場合、元の検索文字列が大文字であると、置換後の文字列の大文字小文字に関係なく、大文字の文字列に置換されます。 前の例の場合、文字列 "ABC" は "XYZ" に置換されます。

次の使用例は、単語 "library" を検索し、次に、検索された "library" を選択します。

With Selection.Find 
    .ClearFormatting 
    .MatchWholeWord = True 
    .MatchCase = False 
    .Execute FindText:="library" 
End With

次の使用例は、作業中の文書で単語 "hi" を検索し、すべての "hi" を "hello" に置き換えます。

Set myRange = ActiveDocument.Content 
myRange.Find.Execute FindText:="hi", _ 
    ReplaceWith:="hello", Replace:=wdReplaceAll

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。