コードでかっこを使用する

Sub プロシージャ、組み込みステートメント、および一部 のメソッドは値を返すので、引数 はかっこで囲まされません。 例:

MySub "stringArgument", integerArgument 

関数 プロシージャ、組み込み関数、および一部のメソッドは値を返しますが、無視できます。 戻り値を無視する場合は、かっこを含めない。 Sub プロシージャを呼び出すのと同じ方法で関数 を呼び出 します。 かっこを省略し、引数をリストし、関数を変数に割り当てない。 例:

MsgBox "Task Completed!", 0, "Task Box" 

関数の戻り値を使用するには、次の例のように引数をかっこで囲みます。

Answer3 = MsgBox("Are you happy with your salary?", 4, "Question 3") 

Sub または Function プロシージャ のステートメント****は、 名前付き引数を使用して、呼び出されたプロシージャに値 を渡します。 名前付き引数を使用するかどうかに関係なく、かっこの使用に関するガイドラインが適用されます。 名前付き引数を使用する場合、名前付き引数を任意の順序で指定し、オプションの引数を省略できます。 名前付き引数の後には必ずコロンと等号 (:=) が続き、その後に引数の値が続きます。

次の例では、名前付き引数を使用して MsgBox 関数を呼び出しますが、戻り値は無視されます。

MsgBox Title:="Task Box", Prompt:="Task Completed!" 

次の使用例は、名前付き引数を使用して MsgBox 関数を呼び出し、戻り値を変数に割り当てします。

answer3 = MsgBox(Title:="Question 3", _ 
 Prompt:="Are you happy with your salary?", Buttons:=4) 

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。