Visual Basic 環境オプションを設定する

[オプション] ダイアログ ボックスを使用して、Visual Basicの動作と外観 設定できます。 次のコマンドを使用します。

  • [コード] ウィンドウと [プロジェクト] ウィンドウの設定を指定するには、[ 編集 ] タブを使用します。
  • コードの外観を指定するには、[ エディターの設定 ] タブを使用します。
  • プロジェクト のフォーム、エラー処理、およびコンパイル設定を指定する [全般] タブ。
  • ウィンドウを他のドッキング可能なウィンドウやアプリケーション ウィンドウの端にアタッチ ("固定") するかどうかを指定するには、[ ドッキング ] タブを使用します。

環境オプションを設定するには、エディターの [ツール] メニューでVisual Basicオプションを選択 します。 各オプションについては、次のセクションで説明します。

エディター

オプション 説明
自動構文チェック コード行を入力すると、構文が正しいかどうかが自動的に確認されます。
変数の宣言を強制する モジュールで変数を明示的に宣言する必要があります。
自動インデント コードの最初の行でタブを設定すると、その後のすべての行がそのタブ位置から開始されます。
タブ間隔 タブの幅 (132– スペースから指定できます)。 1 ~ 32 スペースの範囲で設定できます (既定値は 4 スペースです)。
モジュール全体を連続表示 [ コード ] ウィンドウで新しいモジュールの プロシージャをスクロール可能な 1 つのリストとして表示するか一度に 1 つずつ表示するかを指定します。
プロシージャの区分線 [コード] ウィンドウの各プロシージャの末尾に区切り記号バーを表示します。
自動メンバー表示 ステートメントを論理的に完了する情報がカーソル位置に表示されます。
自動クイック ヒント 関数とその引数に関する情報が入力時に表示されます。
自動データ ヒント マウス ポインターを置いた変数の値が自動的に表示されます。 ブレーク モードでのみ使用できます。
テキスト エディターでのドラッグ アンド ドロップ コード要素は、[コード] ウィンドウから [イミディエイト] ウィンドウまたは [ウォッチ] ウィンドウにドラッグできます。

エディターの設定

オプション 説明
[前景]、[背景]、[インジケーター] [コードの表示色] の一覧に表示されるさまざまなカテゴリのテキストの色です。
フォント コードの表示に使用するフォントです。
サイズ コードで使用するフォントのサイズです。
余白インジケーター バー [余白インジケーター バー] を表示します。

全般

オプション 説明
グリッドの表示 フォームにグリッドを表示します。
グリッド単位 グリッドの単位が表示されます。
フォームのグリッド セルの幅です。
高さ フォームのグリッド セルの高さです。
グリッドに合わせる コントロールの外側の輪郭を最も近いグリッド線に自動的に揃えます。
ツール ヒントの表示 ツール バー ボタンのツール ヒントを表示します。
プロジェクト ツリーとウィンドウ表示の同期 プロジェクト エクスプローラープロジェクトが折りたたまれたときに、プロジェクト、UserForm、オブジェクト、モジュールなどのウィンドウを自動的に閉じます。
状態の破棄を通知 要求された操作を実行すると実行中のプロジェクトのモジュール レベルの変数がすべてリセットされるというメッセージを表示します。
エラー発生時に中断 エラーが発生すると、エラー処理ルーチンがアクティブかどうかや、コードがクラス モジュールのコードかどうかに関係なく、プロジェクトがブレーク モードに入ります。
クラス モジュールで中断 ハンドルされないエラーがクラス モジュールで発生すると、エラーが発生したコード行でプロジェクトがブレーク モードに入ります。
エラー処理対象外のエラーで中断 その他のハンドルされないエラーが発生すると、プロジェクトがブレーク モードに入ります。
順次コンパイル 開始前にプロジェクトを完全にコンパイルするか、必要に応じてコードをコンパイルするかを指定します。
バックグラウンド コンパイル 実行時にアイドル時間を使用して、バックグラウンドでプロジェクトのコンパイルを完了します ( コンパイルオンデマンド が設定されている場合にのみ使用できます)。

ドッキング

オプション 説明
各ウィンドウのチェック ボックス 隣接するドッキング可能なウィンドウや Visual Basic Editor のウィンドウにウィンドウを固定できます。

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。