Share via


Attributes プロパティ

ファイルまたはフォルダーの属性を設定または返します。 属性に応じて、読み取り/書き込みまたは読み取り専用。

構文

オブジェクト属性 [= newattributes ]

Attributes プロパティには、次の 3 つの指定項目があります。

パーツ 説明
object 必須です。 常に File オブジェクトまたは Folder オブジェクトの名前を 指定 します。
newattributes オプション。 指定した場合、newattributes が、指定した object の属性の新しい値になります。

Settings

newattributes 引数には、次のいずれかの値または次の値の任意の論理組み合わせを指定できます。

定数 説明
Normal 0 標準のファイル。 属性は設定されません。
ReadOnly 1 読み取り専用ファイル。 属性は、読み取り/書き込み可能です。
Hidden 2 隠しファイル。 属性は、読み取り/書き込み可能です。
System 4 システム ファイル。 属性は、読み取り/書き込み可能です。
Volume 8 ディスク ドライブのボリューム ラベル。 属性は読み取り専用です。
Directory 16 フォルダーまたはディレクトリ。 属性は読み取り専用です。
Archive 32 前回のバックアップ以降に変更されているファイル。 属性は、読み取り/書き込み可能です。
Alias 1024 リンクまたはショートカット。 属性は読み取り専用です。
Compressed 2048 圧縮ファイル。 属性は読み取り専用です。

注釈

次のコードは、 Attributes プロパティをファイルと共に使用する方法を示しています。

Sub SetClearArchiveBit(filespec)
    Dim fs, f, r
    Set fs = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
    Set f = fs.GetFile(fs.GetFileName(filespec))
    If f.attributes and 32 Then
        r = MsgBox("The Archive bit is set, do you want to clear it?", vbYesNo, "Set/Clear Archive Bit")
        If r = vbYes Then 
            f.attributes = f.attributes - 32
            MsgBox "Archive bit is cleared."
        Else
            MsgBox "Archive bit remains set."
        End If
    Else
        r = MsgBox("The Archive bit is not set. Do you want to set it?", vbYesNo, "Set/Clear Archive Bit")
        If r = vbYes Then 
f.attributes = f.attributes + 32
            MsgBox "Archive bit is set."
        Else
            MsgBox "Archive bit remains clear."
        End If
    End If
End Sub

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。