Share via


Chr 関数

指定した文字コードと関連付けられている文字を含む String を返します。

構文

Chr(charcode)
ChrB(charcode)
ChrW(charcode)

必要な 文字コード引数 は、文字を識別する長整数型 ( Long) です。

注釈

0 から 31 の数値は、印刷できない標準 の ASCII コードと同じです。 たとえば、Chr(10) は改行文字を返します。 文字コードの通常の範囲は 0 から 255 です。 ただし、 DBCS システムでは、 文字コード の実際の範囲は -32768 から 65535 です。

注:

ChrB関数は、String に含まれるバイト データの場合に使用します。 ChrBは、1 バイトまたは 2 バイトの文字ではなく、常に 1 バイトを返します。

ChrW 関数は、Unicode 文字を含む String を返します。ただし、Unicode がサポートされていないプラットフォームでは、Chr 関数と同じ動作になります。

注:

Visual Basic for the Macintosh では、Unicode 文字列をサポートしていません。 したがって、 ChrW(n) は、Windows 環境と同様に、128 から 65,535 の範囲の n 個の値のすべての Unicode 文字を返すことはできません。 代わりに、ChrW(n) は、127 より大きい Unicode 値 n について "最適なものを推測" します。 したがって、Macintosh 環境では、ChrW を使用する必要はありません。

Asc()、AscB()、AscW() の関数は、Chr()、ChrB()、ChrW() の逆です。Asc() 関数は、文字列を整数に変換します。

次の例では、Chr 関数を使用して、指定した文字コードと関連付けられている文字を返します。

Dim MyChar
MyChar = Chr(65)    ' Returns A.
MyChar = Chr(97)    ' Returns a.
MyChar = Chr(62)    ' Returns >.
MyChar = Chr(37)    ' Returns %.

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。