IsError 関数

がエラー値かどうかを示すブール型 (Boolean) の値を返します。

構文

IsError(expression)

必要な 式の引数には、任意の有効な式を指定できます。

解説

エラー値は、CVErr 関数を使用して実数をエラー値 に変換することで作成 されます。 IsError 関数は、数値式がエラーを すかどうかを判断するために使用されます。 式引数が エラー を示す場合、IsError は True を返します。それ以外の場合は、False を返します。

この例では、IsError 関数を使用して、数値式がエラー値であるかどうかを確認します。 CVErr 関数を使用して、ユーザー定義関数から エラー バリアント を返します。 これは、UserFunction``UserFunction = CVErr(32767)32767 がユーザー定義の番号であるステートメントに割り当てられた戻り値など、エラー値を返すユーザー定義関数プロシージャと仮定します。

Dim ReturnVal, MyCheck
ReturnVal = UserFunction()
MyCheck = IsError(ReturnVal)    ' Returns True.

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。